ゆうゆうのブログ

 

自己紹介

ゆうゆう(48才)
朝日アマ全国ベスト16
支部対抗戦全国優勝

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

拍手ランキング

1位 久し振りの詰将棋
1拍手
8/4〜8/11までのランキング結果です。

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ゆうゆう
所司七段の書籍では、(第2図)より3四歩で後手不満と書かれているのですね。
でも、私は後手番を持って不満はないです。
もちろん、後手が有利だとは思いませんが、面白い終盤戦を戦えそうです。
難解ではありますが、後手番を持ってむしろ満足な展開と考えます。

さらに進んだ7一角の局面も、後手番でも十分やれそうに思います。
はっきりと不利ではなさそうなので、この局面も満足な展開です。
一手損角換わりを指し続ければ、おそらく(第1図)は今後も実戦で現れるでしょう。
研究が大事になりますね。

http://homepage2.nifty.com/yuyupanda/
投稿者:バビル3世
一手損角換わりは、ほとんど指さないので、よくわかりませんが、2図の次の手の▲3四歩で後手不満と 所司さんの定跡道場ブックスには、記載されていますが形勢は、難解です。定跡道場のソフトの講座では、さらにすすんで最終▲7一角で先手十分とありますがこれも実際難解です。
次の一手が悩みます、単に△8三飛と浮くのでしょうか? あるいは、あとで狙われそうな銀を△3七銀成と成っておくのでしょうか?(飛車の取り合いは、駒損でも先手が負けそうなので逃げることになるが)
いずれにしても難解なので、研究するしかないですね。
投稿者:ゆうゆう
(第1図)を訂正いたしました。
ご指摘ありがとうございました。

(第2図)以降、青野九段の書籍では、3四歩、9六桂、7九玉、3六歩、同香、同銀、3三歩成、同金寄、3四歩、同金、9三香成と進みますが、ご指摘の通り9三香成では7一角も有力ですね。
飛車はどこへ逃げるのが良いのでしょうか。
すでにどちらかが有利なのだと思いますが、私には分かりません。
先後どちらを持っても、面白い終盤戦を戦えそうな気がします。

なお、私の実戦では、(第2図)では3四歩ではなく4五同銀と指されました。
これも難しい終盤戦を迎えそうです。

http://homepage2.nifty.com/yuyupanda/
投稿者:ゆうゆう
すみません。
(第1図)に4五歩を入れていませんでした。
訂正します。

http://homepage2.nifty.com/yuyupanda/
投稿者:バビル3世
1図は、先手の▲4五歩が入っていないと手があいませんねえ。
青野書籍の以後の変化で▲9三香成(書籍では、△1七香成)では、▲7一角が有力で先手がやれそうに思います。(所司さんの東大将棋より)
AutoPage最新お知らせ