一番町日記  一番町界隈

一番町から新寺に移りましたが、ブログのタイトルは一番町日記のまま残しておきます。新寺は、名前の通り由緒ある寺町。サクラの見頃を迎えています。
http://homepage2.nifty.com/forest-g/
6

2019/6/4

発売です!  新刊

「芽が出るところまで 

 〜高体連ボクシング委員長と少年たちの物語〜」

 鈴木昌樹著 定価:本体1600円+税

が発売になりました。多治見市内では、東文堂書店様にて取扱いいただいています。

他の書店では、ご注文いただければ取寄せ可能です。

また、アマゾンでも取扱い予定ですので、少々お待ちください。

2

2019/5/4

少年ボクシング  新刊

クリックすると元のサイズで表示します

5月発売の新刊のお知らせです。

「芽が出るところまで 〜高体連ボクシング委員長と少年たちの物語〜」

(鈴木昌樹著)



岐阜県内の公立高校の体育教師として、長年にわたって少年ボクシングの

指導に携わってきた糸川保二郎(いとかわ・やすじろう)さんの自叙伝とも

言えるスポーツ・ノンフィクション。



「教師が育てるのは種を蒔き、芽が出るところまで。あとは成長し、

大きな花を咲かせるのを見守るだけ。」

自身が名門・中央大学ボクシング部時代に全日本チャンピオンとなり、

大学卒業後は、プロからの誘いを断り、教師になる夢を実現した。

教員引退後の今は、多治見市内でボクシングジムを主宰する。



時には生命の危険もあるボクシングというスポーツを通して、

「日本一を目指す」ことの意味、指導者として、少年ボクサーたちの

適性を見極め、危険を回避することの重要性、人との出会いを生涯の

財産として大切にし、生きる指針としてボクシングに関わることを

伝え続けてきた。



糸川さんの恩師・田中宗夫さんは、ローマ、東京、メキシコと

1960年代に開催された3つのオリンピックで日本代表チームの監督を務め、

いずれもメダルを獲得した実績を持つ。



その教えは、指導者の任務として、個人差がある個々の練習者の

心理的適性を知り、個性に即して指導すること」「練習者をいつでも、

できるだけ奨励し、トレーニングの刺激となるような示唆を与えて

積極的に手引きしてやること」「チームを作り、指導するチームの特性

に正しい理解を持つこと。またチーム内の地位、責任感を与え、

練習者の強い自制心を育てること」など、半世紀を経た現在でも通じる

ものがある。



著者の鈴木さんは、糸川さんと同じ多治見市在住。

数十人に上る関係者に取材し、糸川さんのボクシングにかける生き様を

克明に記録。イトカワ流人生訓とも言えるエピソードや感動的な逸話

を引き出している。
7

2018/7/26

自由人物理の増補付録  お知らせ

自由人物理 波動論 量子力学 原論(東京大学名誉教授 西村肇著)をご購入で増補付録をご希望の方は、返信用切手120円分を同封の上、小社までご請求下さい。

専門家必読「スピンとは何か」内容

T 電子のスピンは電子の自転ではない

U Diracが決定打 なぜ相対論なのか

V Dirac理論への必須入口が Pauli理論

W スピン性とは何か Landau

X 座標軸の回転と角運動量の関係がスピン

Y 複素数波動関数を表現する図形新モデル
1

2018/4/24

伊達な文化の伝承と記憶  新刊

新刊「伊達な文化の伝承と記憶」(古田義弘編著)が近日中に発売予定です。伊達政宗公生誕450年を記念して昨年開催された「政宗公フェスタ」の記録と伊達な文化遺産を紹介。クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ