役に立つ? 暮らし、生活、健康面白雑学!

 ==健康管理士、食養士である医薬品登録販売者appleの雑学トークです。==
   ◆健康と言っても、心の健康、体の健康、地球の健康まで◆ SINCE 2006

 

お知らせ

「ポチ!」を お願い!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村
===========
『まぐまぐ!』からメルマガを無料で発行しています。
◆こちらからどうぞ
↓↓↓↓↓
役に立つ?暮らし、生活、健康面白雑学!
(ID:0000252795)
===========

面白グッツ!

★札束扇子★

メッセージBOX

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:健康面白雑学!★apple
そうですね。経験談ですね。
確かに、権威ある人の経験談は影響力がありますよね…

それから確かに、マスコミの偏向報道はこまったものです。
あるバラエティー番組を担当している人いわく
これはニュース番組ではなくバラエティー番組ですから…
と言いながら偏向報道をどうどうとしています。
でも普通、視聴者はそのまま信じてしまいますから怖いですね。
視聴者受けするように編集しているようですから…

http://hello.ap.teacup.com/truelove/
投稿者:TAKA_1
TAKAです。補足します。

補足です

そして、その産婦人科の先生は、科学的でなければ医学的な根拠も示しておられません。それが以下の文面です

……お産した後の胎盤から、あまりいいとはいえない″甘い臭い″が辺り一面に立ち込めました。聞いてみると、そのお母さんは「これまでもずっと、毎日2回シャンプーしていた」そうです。もちろん、そのことが直接の原因と決めつけれることはできませんが、何らかの因果関係はあるのではないかと思います。……

つまり、経験談であり憶測です。先生の言う、「お産した後の胎盤から、なんともいえない″甘い臭い″が辺り一面に立ち込めた」が事実なら、大変なことです。どうして、調査しなかったのでしょうかねぇ?仮にも医師なんですから。理由は簡単です!経験だけだったからです。経験というのは、個人的な体験であって、全て当人1人のフィルターしか通してないからです。それが、勘違いや思い込みであっても、当人だけに限っては、それが真実になるからです。

だから臭いの源が、シャンプーだったのか?それとも原因がシャンプーだったのか?、については、いずれも言及に及んでません。先生自身が確信を持てないのですよ。まあ、「口から水を摂取すれば、まず、脳と子宮へ流れる」なんて言っておられるファンタジーな先生ですから、素晴らしいです。

物も、何がよくて、何が悪いのかが判らなくなってきています。しかし、それよりも深刻なのは、多大な影響力を持つ科学的権威者達から、マスコミや書物を通じてのマガイモノ情報も氾濫しているという事実です。それによって、何の害もない品までが悪者に仕立てあげられる現実がそこにあります。
投稿者:TAKA_1
★appleさんへ

情報頂き痛み入ります。因みに、ウチの知人(女性)も、過去にそんなお話しを聞いた事がありまして(汗)。どうやら、知人に吹き込んだその方は、ニュー●●イズの関係者だったようでしたが(笑)。ネットでも、そんな話題が飛び交っていましたね。ご参考までに。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1771068.html

http://7hp.jp/?id=taka1
投稿者:健康面白雑学!★apple
ある産婦人科の先生は
出産時に帝王切開をすると
シャンプーの臭いがする人もいるとの事でした…(-_-;)

http://hello.ap.teacup.com/truelove/
投稿者:TAKA_1
TAKAです。

Anthony編集長へ

金属アレルギーとは、クロムやニッケルとかの金属そのものに毒性があるのではありません。抗原(アレルゲン)となるのは、その金属が肌と接触することで一部がイオン化し、その「金属イオン」と、肌の角質層に含まれる「蛋白」が混ざった複合物です。この複合物が数時間かけて、角質層へ浸透しようとするので、排除しようと免疫が働くのですが、それが過剰になるからアレルギーになるんです。そのアレルギーを引き起こす抗体になるのが、リンパ内にあるT細胞(正確にはT2細胞)によって過剰産生される「サイトカイン」という蛋白質です。従って、金属アレルギーとは、段階と時間をかけて発生するものであり、少なくとも、金属のイオン化する度合いと対象になる生体の状態が複合して引き起こされる訳です。

>アレもクロムやニッケルの…

アレとは何でしょうか?経皮毒とかいうやつですか?著書の先生方は、化学物質が危険なことを匂わせていらっしゃいます。ですが、確信がなく、経皮毒も仮説の領域内にあるんです。確かに、経皮による毒物吸収が起こったら恐ろしいです。でもね、毒も分量によって、変わります。又、毒性のないものでも分量によって毒になります。そもそも、どれだけ摂取すれば有害なのかは一切触れていないし、成分毎の介入検査も実施されておられません。早い話しが、「可能性がある」に留まっています。私は、そもそもシャンプーや洗剤とかに含まれる希薄な成分が皮膚から吸収されるのか?というもの自体が疑問です。吸収する為には、堅固な角質層を排除しなければなりません。金属イオンでも数時間掛かります。また、体液よりも高濃度でない限り吸収されにくいんです。限りなく。つまり、すぐに水で洗い流せば表皮だけで収まると思います。それが、なぜ数秒で皮膚に吸収されて蓄積するんでしょうか?不思議です。それでも、懸念されている人は、他のものを使えばいい。私は、それも使い方次第だと思っています。

従って、アレルギーと同じかどうかは、経皮毒説が科学的根拠に基づいたものでなければ、比較のしようがないと思います。

http://7hp.jp/?id=taka1
投稿者:お京
これだけ物が氾濫すれば、どれが良いものやら、悪いものやら判断が難しい時代ですネ。

http://fine.ap.teacup.com/kodomo/
投稿者:happytogether
経費毒・・・シャンプーや洗剤、染毛剤などには気をつけていましたが、生理用品というのは、全く抜けていました。早速布製品を試してみようと思います。いつもながら、良情報有難うございます!

PS.図書館返却有難うございました。

http://happy.ap.teacup.com/happytogether/
投稿者:エイジレス美人の作り方★NANA
メリークリスマス!(*^-')/

素敵なクリスマスは迎えられましたか?

うちもサンタが来て、
子供たちも大喜びでした♪

経皮毒、怖いですよね。。

p(*'-^*)。★★


http://blog.livedoor.jp/bi_eijiresu/
投稿者:Anthony
僕は金属アレルギーなんで、アクセサリー類は身に付けられませんが、アレもクロムやニッケルの毒性なんでしょうかね。

P

http://anthony3b.blog108.fc2.com/
投稿者:TAKA_1
TAKAです。

まず、経皮毒とは…「皮膚から有害な化学物質が吸収されること」として、竹内久米司という人が自身の著書で述べていた造語です。

その有害な化学物質も、条件で受け易さが変わります。例えば

1.毛が多い場所
2.皮膚が濡れている
3.湿気が多い場所
4.温度が高い場所
5.皮膚の薄い場所
6.粘膜

これが、受け易い条件になります。1・5・6に関しては本文で触れられている通りですね。ところで、2-4の条件を全て揃えた環境ってどこなのでしょうか?…ハイ!答えは、「風呂場」です。以外にも身近な場所だった訳です。

皮膚から吸収され易い理由は、該当する化学物質の分子が小さいのと、更にそれが脂に溶けやすいからです。

しかし、経皮毒性の恐ろしさは、そこではありません。例えば、経口…つまり、食べたり飲んだりした場合なら出口があります。臓器を経由して、1週間で90%の毒が出ていきますが、経皮吸収の場合はそうはいかない。汗・毛・爪からしか排出されないので、殆ど出ないのです。だから、知らず知らずに蓄積されていきます。また、蓄積されても自覚症状にならないから始末が悪い。

出産前の女性は、要注意ですね。自分が抱えている毒素を全部赤ちゃんが持っていきますから。

だから、そうならないように、身の回り(洗剤・濡れティッシュ等の使い捨て品・ハミガキ・シャンプー・石鹸・化粧品など)から使うものを改善するか、有害なものを極力減らしていくことが大事だと思います。

http://7hp.jp/?id=taka1
1|2

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ