役に立つ? 暮らし、生活、健康面白雑学!

 ==健康管理士、食養士である医薬品登録販売者appleの雑学トークです。==
   ◆健康と言っても、心の健康、体の健康、地球の健康まで◆ SINCE 2006

 

お知らせ

「ポチ!」を お願い!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村
===========
『まぐまぐ!』からメルマガを無料で発行しています。
◆こちらからどうぞ
↓↓↓↓↓
役に立つ?暮らし、生活、健康面白雑学!
(ID:0000252795)
===========

面白グッツ!

★札束扇子★

メッセージBOX

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:健康面白雑学!★apple
長所のほうが多いと思いますけど…?

http://hello.ap.teacup.com/truelove/
投稿者:Anthony
長所・短所、環境への負荷、

総合すると、どうだろうねぇ??


P

http://anthony3b.blog108.fc2.com/
投稿者:健康面白雑学!★apple
>TAKA_1さん

おはようございます。流石よくご存じですね!
おっしゃるとおり水素エンジン自動車のことです。
国土交通省から認可を受け現在公道を走っていますが
もう3年目になるそうです。
私もまだ詳細は把握していませんが
以下のようなものです。

◆水素エンジン自動車の概要

  @水素を直接燃焼させる内燃機関
  A燃料電池車とは別物
  B水素燃焼のタイミングに合わせてシリンダー内に霧水を噴射
  C水素の燃焼熱(1200℃以上)で霧水を過熱蒸気に変換
  D過熱蒸気の膨張エネルギーでピストンを押す運動エネルギー
      
◆水素自動車の長所
  
  ■最適な代替エネルギー源のひとつ
  ■豊富でリサイクルできるエネルギー
  ■低燃料コスト化が可能
  ■エンジン寿命の延命→エンジン温度450℃以下で長寿命化
  ■クリーンエネルギー 全面新エンジンの据付不要

私の考えではスタンドはSSだけでは経営が難しいのでほとんどがなくなるのではないかと思っています。実際のメンテナンスはディーラーが行っていくと思います。

おしゃるように水素は危険な物質なので、頑丈にするために水素タンクは大きく高価なものとなっているようです。

ただパワーは現在のガソリン車の1.5倍と聞いております。

もう少し詳細がわかれば、またお伝えしたいと思います。コメントありがとうございました。

http://hello.ap.teacup.com/truelove/
投稿者:TAKA_1
補足です

本文で触れられていた水で走る自動車も、来年中にはデビューされるようですので、前述させていただいた中で、動力機関の課題についは、きっとクリアされたのでしょうね。

これは私見でありますが、仮に、全ての課題をクリアし、この自動車が主流となる暁には、維持管理を考えれば、車検の概念まで変わるかも知れませんね。新車は、1年に1回。翌年から半年に1回なんてね。時間も掛かるでしょうね。あくまでも私見ですので、信憑性はありません。

http://7hp.jp/?id=taka1
投稿者:TAKA_1
★appleさんへ

本文のご説明からして、それは、燃料として水と水素と空気を混合させて走る水素エンジン自動車のことでしょうか?つまり、水素エネ研が開発したHAWエンジン(2006年に35カ国で特許)。従来のエンジンシリンダー内部に錆防止のコーティング等、少しばかり細工したものですね。原理は、シリンダー内部にて水素を空気に触れさせて水を送り込む。プラグの点火により、空気が触れた水素が燃える。水は、水素が燃えた炎からの熱伝導で水蒸気になる。その水蒸気の膨張エネルギーで自動車が走ります。勿論、CO2も排出しません。ただ、2007年夏には実用化だと言われてましたが何故か日本には来てません。試験走行はしてたようですが。その背景は、原油国からの圧力なのか真偽は解り兼ねますが。

しかし問題もあります。どこから水の媒介となる水素を調達するのか、その整備が出来ていない。また、車内における水素の貯蔵。更に、水素は極小の元素である為、貯蔵タンクから動力システムに至り、漏れやすい。空気に触れれば引火の恐れがある。走行中ではシリンダー内にて炎中の水素が高音状態のプラグに空気と共に触れると、それが拡散してノッキング及びバックファイヤーの危険性があるので、水素使用は少量に抑える必要がある。従って、ガソリン車よりも大幅にパワーダウンする。安全性・耐久性に課題があります。

続いて環境問題。水素の生産問題があり、水を電気分解するにしても、莫大なエネルギーを必要としますので、普及すれば、今まで以上にCO2が排出されることでしょう。他の方法では、光触媒による生成、水に塩基金属を反応させたり、シロアリなどの排泄物から水素を取り出したりすることも出来ますが、実用レベルに至ってません。

排気の問題もあります。水素が燃焼すれば、水に戻るといわれてますが、本来は過酸化水素が作られます。それと同時に水蒸気も排出します。所謂、それが集まって水がアスファルトに落ちます。そして、気化しますのでアスファルトの熱は奪われます。よってこの車の普及が現実になれば、夏は蒸し熱くなり、冬は凍結しやすくなるでしょうね。

それらの対策も不可欠といえます。スタンドについては、ユーザーを総合的にサポートするものです。だからSSですね。私は、数は減ってもなくならないと思います。
投稿者:健康面白雑学!★apple
それまでには、もっと良い本職がみつかりますよ!(*^_^*)

http://hello.ap.teacup.com/truelove/
投稿者:nao
ぼ、僕の本職が、、、、。

http://anthony3b.blog108.fc2.com/

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ