トッパーズ・タイランド 近況報告

タイ王国を中心としたアジアン・フィッシング最新釣果!

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:シゲ
いんざぎさん>
6月、ブンサムはまぁ確実でしょうが、ナン川は雨季入りのタイミングによっては微妙ですねぇ。雨降ったらド沈黙間違いなしです、うちの川。
ブンボラは・・・・ようわからんです。
投稿者:いんざぎ
6月はW杯があるし
ちょとずらそうかなあ‥‥‥
ブンサムラン&ナコンサワンを考えてます
ブンボラでボラでも釣ろーと‥‥‥
投稿者:シゲ
としさん>
生物の染色体を意図的にいじる、なんてのはたしかにかなり気色悪いことです。あ、でもボク的には長野知事のしゃべり方のほうが気色悪いかも・・・。ついでに昨日いまさらながらコピーDVDで見た「セカチュー」の原作者が男だということもかなり気色ワルイ・・・。大沢たかおは好きだし、庵治の風景は懐かしかったけど。

いんざぎさん>
ホメるとこ違ってますぅ〜(笑)

6月だとまだ稚魚ボール出てません。もしかしてブンサムオンリーとか?
投稿者:いんざぎ
シゲちゃん
バラの持ちかたうまいなぁ
メータオーバに見える

Sさんのは
めちゃくちゃ体高ありますねえ

6月の第2週を目指してます
まだまったく未定ですけど
投稿者:とし
3倍体は、染色体が通常(2倍体)よりたくさんある人工的に作
り出された魚です。生殖機能を持っていないので、そのエネル
ギーを大きくなることに使え、通常よりばかでかくなるのが特徴
です。日本の管釣りや食用のニジマスにいっぱい使われていま
す。
受精卵をお湯に浸すなどいろんな作り方があるみたいですが、長
野県の場合、受精卵に圧力をかけて分裂を1回阻止することで
いったん4倍対卵を作ります。これにホルモンを注入して本来は
雌なのに雄化させた魚から取り出した精子を加え、3倍体を作り
出すのですが、2年ほど前からニジマスの精子ではなくブラウン
の精子を掛け合わせて、「信州サーモン」(田中康夫知事命名)
ちゅうのを作り出して今、せっせと育てています。こいつらは間
違いなく繁殖しないそうですが。
オーストラリアンバスが淡水で繁殖しないのは知ってましたが、
バラも淡水ではダメとは知りませんでした。


投稿者:シゲ
3倍体の魚って、不自然にデカい放流モノのことですか?
バラは淡水では産卵活動をしないからその分デカくなりつづけるってどっかのHPで読んだんですが、実は最近ブンボラにも養殖モノ逃亡バラがいて(4年前の洪水時)、前は水中銃で10キロオーバーばかり獲れてたんですが、うわさでは最近1キロ2キロが獲れるって・・・。繁殖???真相はわかんないす。
投稿者:とし
この体高は立派や。この尾びれ!さぞかし引くやろね。
オーストラリアでは3倍体バラが放流されてるんですかい。
日本でも小規模河川に80センチのニジマスがいたり。
3倍体の魚がいて、はっきし言って僕は気色悪いです。
3倍体バラ、タイ人なら喜んで導入したいそうですよね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ