web CLOVER

NPO法人地域医療を育てる会のブログです。
育てる会のメンバーが市民の目で医療について感じたことを書きます。
皆さんのご意見をお待ちしています。

 

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:haruefjmt
こちらこそ、お立ち寄りくださり、コメントをありがとうございます。
まだそちらの掲示板のすべてを読んでおりませんが、いろいろな角度から地域の医療について検討している、すばらしいサイトだと思います。
ブログも楽しく読ませていただいています。
生き物相手の仕事は本当に大変ですね。休みがなくて。
でも、私も母親をしていて思うのですが、「誰かの世話をしなくてはならない」自分が、実はその相手に支えられているのですね。
私自身、子供がいなければ、この地域の医療をこれほどまでにナントカしようとは思わなかったと思います。

お互い、無理をしたら適当に手抜きしつつぼちぼちいきましょう。
投稿者:Yone
いつも、投稿ありがとうございます。
あちらでは、素っ気ない返事でゴメンナサイ。
掲示板仮者の僕が、あまりにはっきり書きすぎることで、意見の方向を強引に決定したり、これからやろうとしている活動の邪魔をされたり、影から活動してくれている方の立場を悪くしてしまうと、自制するように言われております。
でも、あの掲示板を真面目に運営することで、お医者さんから力強いアドバイスや声援を頂いています。
町民に問題意識を持ってもらうために、情報の発信源として、ブログも書き続けています。

ところで、風待茶房さまは、僕のところに来ないで、こんなところで何をやって居るんですか(怒!)。
活動をしながら、自分の無力感を感じることが多いですが、今が踏ん張りどころだと思って頑張っています。
投稿者:haruefjmt
風待茶房さま

始めまして。コメントをありがとうございます。このブログに書き込んでくださる方はまだまだ少ないので、こうして足跡を残していただけると励みになります。

今回のブログでは「三者三様」ということで、「医療」「行政」「住民」それぞれの課題を書きましたが、
(これもいろいろと皆さんのご指導をいただきたいところです)
私は
医療問題は関係性の問題だと思っています。
風待茶房さんは、「三者が少しずつ折れなければいけない」とおっしゃいましたね。
私も、それぞれが変わる必要があると思います。

個人でも組織でも、関係の中で何か問題が起こると
自分の問題はあまりよく見えずに、相手が変わることを求めてしまうのが人間の弱いところだと思います。

自分がどう変われるか、をそれぞれが自分に問うていく。
自分が変われば、何かが変わるはずですよね。

これからもよろしくお願いいたします。
投稿者:風待茶房
いつも貴方様の活動を陰ながら応援させていただいております。
この書き込みにあるご意見がおそらく一番の核心であるように思いましたので少し書かせていただきます。

貴方様の前向きな姿勢や取り組みには頭が下がる思いです。私も見習って少しでも多くの問題の解決の為に参加したいと思っております。

私は以前から現在の多くの地域が抱える地域医療の問題は、一番は安全保障の責任者である行政にあると思っています。

彼らが本来のサービスの対象者である住民の方をを見ていないというのが一番の問題で、せっかく志のある医師や住民をどれだけ排除して不作為を繰り返してきたか解らないと思います。

しかし、以前から問題の解決のためには行政、医療従事者、住民の三者が少しずつ折れなければいけないと思っています。
誰かに責任を押し付けても喧嘩になるばかりです。

行政は謙虚に本来の住民の為に将来を見据えた現場の意見を聞いて医療計画を立て、勉強すべきです。
誰も責任を取らない無責任な決定や、自分達の保身やプライドを優先する事こそ税金の無駄使いです。
限られた経験や人員では自分達だけではアイディアが出ないのですから、外部の識者の意見を謙虚に聞いたり、先進地域の事例を取り入れていくべきだと思います。

医療従事者は専門医に偏った姿勢を総合医にシフトし、もっと住民のニーズ(要求ではありません)に耳を傾けるべきです。

住民は「私は素人だから」といって問題に耳を塞がないで、逃げないで、本当に問題意識のある首長や議員を選んで、よそ者を暖かく迎え入れて医師でなくても住みやすい環境を作るべきです。

そんな3者の少しずつの歩み寄りがあれば、お金をかけなくても、最新技術や施設が十分でなくても良質の地域ケアが出来るという事を瀬棚町が証明したのではないでしょうか?

人も金も物もないから工夫すのであって、無いから何もしない自治体は残念ですが私の故郷のように消えてしまうと思います。

それを行うきっかけとして何らかの事業や企画があっても良いと思います。そのきっかけが自治体の破綻というのはあまりにも無策です。

本当に「当たり前の事を普通にやる」のは難しい事ですが、私には貴方の活動もとても特殊ではなく「普通」に感じます。

これからも頑張って下さい。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ