雪氷圏研究室

アジアの氷河やアイスコア、南極の雪とかを研究している名古屋大学の研究室の連絡帳

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:sak
Sさんはちゃんとじっくり見ていたのですね〜。私はワンショットで、太陽・地球・月の位置関係は想像する余裕がありませんでしたが、いつもと違う赤い月が見れたということでよし、としときましょうか。。。
投稿者:S
こちらでも見てましたよ!赤く薄暗い月から、徐々に明るくなっていく様子を真っ暗な河川堤防から見ていました。蚊に襲われるのに耐えながら…。こちらの空では、遠くの山の方の稲光も同時に見えていました(18時前後には、空いっぱい厚い雲が広がっていたのであきらめかけていました)。うまく表現できませんが、太陽・地球・月の位置関係を想像しながら、月が徐々に明るくなる様子を見ていると、いつもより空の奥行き(?)みたいなものを感じますね。
投稿者:sak
昨夜、なかなか食の進まない子供の夕飯を終えてから見に行きました。
はじめ近所をうろうろして空を見上げてもなかなか見つからず、雲に隠れているのかな帰ろうと階段を上がっていたら、薄く赤く光る月が見えました。あきらめて帰るところだった。良かった〜。
 子供はいつもと違って明るく輝く月ではないのでわかってくれず、闇夜に光る車のライトの方が気になっていた模様。。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ