(無題)  

おっつ!!!
無事、続きましたね。えがった(やば、なまった!?)
前回の説明はご理解いただけましたか?
この法則を理解しておくとかなりスタイルが出しやすくなるよ〜。
とはいえ、自分も何でもできるわけではないのですが・・・

後編はさらに突っ込んでグラブの位置とボーンアウトの強弱についてだだだだクリックすると元のサイズで表示します
上の写真は過去最高のオールラウンダー
  ”デイブ・ダウニング”様様
彼はレール、パウダー、キッカー、バックカントリー、ジブのコンテストまで何でもありあり。しかも、かっこいいから、ありえない。
さらには本物のプロサーファー出身!んん〜えくせれんと。

写真はきっと・・・グーフィーでのバックサイドの壁でアーリーウープのルックバックインディー☆です。ちなみにルックバックは山側に向かってスタイルを出すいぶし銀大なトリック!!!

デイブの右足はコレでもかとボーンしてるけど、みんなできますか?これって、相当すごい。でも・・・コツはあるの!
それはインディーしている左手を左ひざの外から持ってきて、グラブの位置は左足のつま先横ぐらい!こうすると、腰の骨盤が前むいて前足の右足を出しやすくするのです。
皆さんも椅子に座って、左手で左つま先を外からつかんでみよう。右足はグッと伸びるはず!!ちなみにひざの内側からつま先をつかんでみよう。すると・・・右足はだしにくいのだ〜ははははは〜
本当か!?
クリックすると元のサイズで表示します
きました!☆ジェイミー・リン☆
彼は現在までのスノーボードシーンにおいて最もファンを獲得したスターライダーの一人でしょうね。
なぜなら、彼はいつもノーグローブ!一番スタンスが広くて!体はタトゥーだらけ!そして、スピンが誰とも似てなくて!トゥイークが最高にカッコよかったのです!(上の写真ね)
当時(10年以上前)のトゥイークはテールが下にさがり、ソールが45°位にアピールするのが主流だったんだ。
でも、ジェイミーだけ、ボード真横だった!!!んん〜トトレビア〜ン!
ジェイミーのトゥイークにもコツがあって、写真でいうと普通は右手は右かかとの右横をグラブするんだ。そうすると、普通の45°トゥイーク。
でも右かかとの左横をつかむと、あら、不思議??ボードが横に向くじゃない!!でもでも、かなり、体が柔らかくないと、ここまでひねれませんから。ジェイミーの創造性がそうさせたんだね!ボルコムのビデオが製作中らしく、ジェイミーのパートもあるらしいよ。期待大だね!

クリックすると元のサイズで表示します
最後にいぐっつぁんです。
”ブライアン・イグチ”ね。
前回のテリエと同じクオーターだね。
おそらく・・・グーフィーのフロント壁でアーリーメランコーリーだね。んん〜これはちょっと難しかった。みんなも写真のスタイルでここまで分かるようになろうね♪
これはかっこよいので乗せただけです。
イグチも好き〜!!!

どうでしたか?
あまりにもマニアックで寝ちゃったかな?
あくまで、独り言です。
あああ〜すっきりした、ストレス発散ですな(あんまりないけど・・・ズボラなんで)


いまから、ビアガーデン行ってくるス。
店は八時で早じまい。
今日、波乗りいったら、今年4月から通して、一番波良くて!!!
体力の果てまでパドルしました。ああああ〜だるいス。
というわけでビアカーニバルしてきます!皆さんも今度是非ご一緒に♪


次回はハコダテハゲさんのリクエストにより、立ち消えだった、国内編だ!海外編とは違う切り口で正体を暴く!?!?
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ