仕事が忙しいのは幸せなこと・・・家事が削られるのは・・・?^^;

2010/3/12

幸せだな〜卒業式  えいご先生の日常

朝8:40に家を出るということは、
それまでにお化粧して、朝ごはん食べて、片付けて、洗濯して
いつもは着ない正装に身を包み、バッグ、アクセサリー、ストッキング、
靴、カメラ、スリッパ、ちょっと外へ出て寒さチェック、
コートを着るか着ないか・・・そういういろいろなことを考えつつ、
そして子供を送り出しつつ・・・そういうこと^^;

でも今日はドジをしなかった。
ちゃんとできた。
満点!(^ー^* )フフ♪

体育館の前の方で6組、200人ぐらい(?)の子供たちが整列している。
どれが自分の子だかわからない^^;
でも、小学校のときから9年間見てきている子供たち。
知っている顔がたくさんあった。
最後にはたくさんの子達が泣いてた。
指揮者の生徒も泣いてた。

そんな中、次女はケロリとしていたし、わたしも長女のときと同様
それほどハンカチに頼ることはない・・・と思った・・・が
生徒が全員退場して、保護者だけになり、
そこへ学年主任の有名先生が泣きながら語ってくれた。

泣けた。

こんなにすばらしい学年はない。
こんなもんだろうと思っているかもしれないけど、
本当にこんなにすばらしい学年はこれからももうない。
だからわたしはもう2度と学年主任をやらない。
この学年を最後の学年主任にする。
今そう決めました・・・と声に詰まる。

幸せだな〜。
そう思った。
そんな風に思われて、3年間叱咤激励されて来た子供たち、
幸せだな〜。

先週のお別れ会でのダンス発表が最後を締めくくるいい思い出になった。
今日も会う先生、会う先生に「こいつがここまでやるとは思わなかった。」
「勉強だけじゃなくて、こういうこともできるんだね。」「すごかった。」
というお褒めの言葉をたくさんいただいた。

幸せだな〜。

最後は娘の背中を追いかけながら、たくさん写真を撮った。
突然、「写真一緒に撮らせてください。」
と、わたしと写真を撮りたい・・・というかわいらしい申し出が・・・。
(^ー^* )フフ♪
うれしい。

先生の気持ちがわかる。

本当にみんな明るい。
毎日過ごしたら思い出であふれるだろう。

おめでとう!
1



2010/3/28  7:23

投稿者:ミント

アッボさん、初めまして。
アッボさんのところも同じなのですね。どうか親子共々よろしくお願い
致します。
昨日荷物を全て出しました。な〜んて書くと、何か「嫁に出す」みたいですが(笑)
4月2日に娘が行くので、寂しくなりますが、親子両方にとって、
自立という面から考えると、良いことを生み出さないわけはないと、
毎日自分に言い聞かせています。

只今、娘がいなくなった後に何ができるかと、手帳に書き込む毎日です。

2010/3/23  12:01

投稿者:nakko

アッポさん、こちらへ来ていただいているのですね。ありがとうございます。
そして、息子さん、H大ですね。おめでとうございます!
わたしも一度H大には足を踏み入れたことがありますが、とっても
素敵なキャンパスですよね。あこがれました。すごいな〜。
そして、娘さんは同い年なのですね。
もしかしてダブル卒業だったのですか?
それは感慨深いとともに受験期はさぞかしお忙しかったことでしょうね。^^;
社会のテキストがお役に立てて本当にうれしいです。
私が受験生だったら、これを使いたいな・・・という内容で、しかも
娘の反応がとってもよかったので、思わず紹介したくなっちゃいました。

勢いのある子達は見ていて気持ちがいいです。
近くにいたら弾き飛ばされてしまいそうになるほど勢いがありますね。
難しい中学時期を過ぎ、これからは日に日に大人に近づいていくのですから
親であることを楽しませてもらおうと思っています。
お互い義務教育を終えて、益々仕事に力が入れられますね?^^;

2010/3/23  11:51

投稿者:nakko

ミントさん、H大、すばらしいです。
改めまして、おめでとうございます。
子供の背中が大きく見えるときって逆に自分の背中が小さく見えますよね。
うれしいことなんですけどね。
我が家も来年長女が大学受験・・・地方になれば同じ気持ちを味わうと思います。
心の準備をしておこう!(^-^)

mixiではわたしを探してくださいね。
私の最近の日記はマイミクでないと見れないと思うので・・・。

ではでは〜〜〜!

2010/3/23  1:20

投稿者:アッポ

お久しぶりです。
お嬢さんの充実した素敵な3年間が、私にも伝わってきました。
ご卒業おめでとうございます。

うちも下の子が同い年。
中3のクラスは本当に楽しかったようで、明るくも涙、涙の卒業式でした。
お友達の一人は「卒業したくないよ〜ぉ〜!」と、幼稚園児のように号泣していて、回りで泣いていた子たちまで笑ってしまいました。

そうそう、nakkoさんにお礼を言わなくっちゃ。
以前こちらのブログで紹介してくれていた、社会の参考書(黄色い表紙の)、娘の受験にとっても役立ちました。
なにせ北海道の、難関校の次のレベルの高校ですから、
あまり偉そうには言えないのですが(笑)、
数学で伸び悩んでいた娘が社会科に狙いを変えた直後だったので、
地理と歴史の両方を買って勉強したところ、ぐーんと点数が伸びたようで、
おかげさまで、無事、行きたい高校に行けました。
ありがとうございました〜♪

ミントさん、はじめまして。
うちの息子もクラーク博士のところに行きまーす。
と言っても、思いっきり地元ですが(笑)。

2010/3/22  18:36

投稿者:ミント

さっそくにありがとうございます。
BBカードのページ見まして、よーく考えてみます。それからmixiも見てみますね。何だか中高生より、小学生の方がいろいろと大変な気がしまして・・・早く慣れなければと、思っています。

はい、そうです。クラーク博士のところです。
雪景色の最中に受験でしたが、あんなに広いキャンパスは見たことがなかったので、
娘も、あの中で、のびのびと自立してくれるだろうと、今はそう思っています。

が・・・あ〜いいなぁという、何か羨ましさと、娘が遠くにいくという寂しさがあって、今は複雑です。

また、いろいろ教えて下さいね。

2010/3/22  15:41

投稿者:nakko

ミントさん、お久しぶりです。
娘さん、大学ご入学おめでとうございます。
晴れの門出でありながら、その寂しさ・・・わかる気がします。
それにしても北海道とは・・・。
クラーク博士のところでしょうか?^^;

さてさて、BBカードですね。
お勧めです。
年齢が違っても、英語を習ったことがなくてもまったく大丈夫・・・。
むしろ、変に知識が多くないほうが好都合です。
ただ、BBカードの捉え方、考え方は理解してからご指導されたほうがいいかと思います。
一度SELMのホームページで各講座をチェックし受けて見られてはどうでしょうか?http://www.selm-j.com/
入門講座が4月11(東京)12(横浜)であります。mixiにもBBカードのコミュニティが存在しますよ。
基本的にはトランプのように4つのマーク各16のセンテンスがあり、絵カードを見て条件反射的にそのセンテンスが言えるようになることからはじめます。
難易度とか文法的なことは一切かまわず、64のセンテンスを体に染み込ませ、そこから展開していくBBワールド・・・っていう感じかな。
というわたしも今ではBBを使う時間の割合がずいぶん減ってしまいました。
初心に帰ってBBで遊びこまなくては・・・と思います。
私でよければお答えできることはお答えしますね。
Good Luck!

2010/3/21  8:18

投稿者:ミント

ご卒業おめでとうございます!
読ませていただきながら、これまでの二人の子供の卒業式を
一つずつ思い出しました。これまでの生活との分かれ目であり、また
これからの生活のスタートの喜びにも満ちた・・・親としては複雑な
涙涙の一日ですよね。これからのお嬢さまの新しいご活躍をお祈りしますね。

さて、とうとう、私にも突然、小学生2年と5年の姉弟の英語を見る機会が訪れまして、今いろいろと探っているところです。週一度、60分、二人を同時に・・・同じプログラムでいいと考えています、姉と弟だし。

で、まああまり大げさにならず、教材は何か一冊簡単なものを買うか、あるいは私だけが買って、順番にコピーでもいいかなと。
それと、興味あるのは、BBカードなんですが、これ、遣いたいんですよね。いずれ、また一人二人と増えるかも・・・と思うと、勉強しておきたいのですが、小学校2年と5年でも同時に使えますでしょうか?
ちなみにどちらも、なんにも英語をやっていない子達です。

大先輩のアドバイス、ちょこっとお願い申し上げます。

上の子はもうすでに社会人ですが、やっと下の娘が大学生となります。
涙の続きの話ですが、これが、北海道の大学にいくことになりまして、「寂しい〜」という感覚が時々湧くのです。子供の決めた進路なので、親と子が同時に自立する機会ではあるのですが、娘はあっけらかん、親は何ともいえぬ寂しさに駆られることがあり、いやいや、子離れしなくては、と毎日自戒の日々で、北海道行きの準備をしています。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ