仕事が忙しいのは幸せなこと・・・家事が削られるのは・・・?^^;

2009/1/25

お久しぶりです^^;  えいご先生の日常

なにせ、全豪オープンが始まってしまったものですから
ブログの時間がありません。^^;

まぁそれはいいとして…

いよいよ受験が始まりますね〜。
さすがに3年生はかなりハイになっているようです。
彼女たちのどきどきが、空気を伝わってやってきます。
去年の今頃、我が家もかなり浮足立っていましたからね。
もう痛いほどその気持ちがわかるわけで…。

面接が前期試験の合否をどれほど左右するのか、結局は内申なのか、
本当のところはわかりませんが、うかったから、落ちたからと言って、
それはその子の人間的な評価をしているわけではない、
相性の問題なのだ…と思います。

そこのところを押さえておかないと、若干15歳の子供たちにとっては
あまりに過酷な勝負ですね。ただただ祈るばかりです。

ところでサイエンスフロンティア高校…倍率が5倍以上ですよ!
もちろん神奈川でトップの倍率です。
今年に限り後期試験も共通問題なので、挑戦する子が多くなるのでしょうね〜。
この春の受験結果分析がどうなるのか、興味深いところです。
0



2009/1/28  22:45

投稿者:nakko

Y.Sさん、こんにちは。
そうですね〜思い出しますね〜お互いに^^;
前期試験は苦い思い出になりましたが、やはりY.Sさんと同じで
とても良い経験になったと思っています。
度胸試し、のちメンタルを鍛えなおしもう一度立ち向かう過程で
ずいぶん大きくなったな〜と感じたものです。
そうだったそうだった・・・(^ー^* )フフ♪
いろいろとシビアな現実が立ちはだかっていますが、
きっとすべてをプラスに変えて、明るい未来を切り開いてほしいです。

内申点がものをいうのですよね。
部長だの生徒会長だのと考えると、勉強だけじゃなくて
あっちでもこっちでも全力投球しなくちゃいけないっていうことですね。
中学生って本当に大変です。^^;
後期で地道に得点力を磨く方が自分には合っている気がしますが・・・^^;

2009/1/28  7:26

投稿者:Y.S

書き忘れました。
前期の場合やはり内申でしょう。
それも、内申の点数というより、特記事項、多分「生徒会長、部活の長、委員会長」その他部活での活躍など、そういうやる気のありそうな子が求められているのではないでしょうか。内申点が足りていて面接も上手くいった(はず??)のに落ちたわが子の分析ですが・・・

まあ、今から受ける方はまだ遅くないのでしっかり勉強して入試の点数を取ることですね。

サイエンスフロンティア・・・魅力的ですね・・・倍率は凄いですが実際のところ、既存の高校で言うとどのくらいのレベルなのでしょうね?

2009/1/28  7:13

投稿者:Y.S

昨日は前期選抜でしたね〜〜
本当に我が家も去年の今頃は・・・・

子供にとって人生初めての試練です。
でも、終わってからつくづく思ったのですが、15歳のこの時期に受験は必要だったな〜って。
子供が一回り大きくなりましたもの!!

中高一貫こうでは味わえないことですね!!

今受験生をもつ親御さんの気持ちが痛いほど分かります。
どの子も乗り越えて、自分の希望する高校に入れますことを心からお祈りしています。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ