2009/9/23  0:00

シドニーマラソン・続・続き  こんなの見っけ

こちらのサイトで、走ってる様子が見られますよ〜
Masashi Konishiと入れてみてください。
紺色のシャツで、前にウエストポーチをつけてます。

http://blackmores.bsrf.stage1.bullseye.com.au/myfinish/?bib=18475



2009/9/26  1:03

投稿者:小西松甫

さっくん、
はい〜〜!
相も変わらず、働き虫のおばちゃんですよ〜(^0^)

ひと皮剥けた雅、楽しみにしときます!

2009/9/25  7:56

投稿者:さっくん

おばちゃん、

お返事ありがとうございます。

相変わらず遅くまでお仕事されてるんですね。子どもの頃、遅くまで雅の家で遊んで夜中2−3時頃にそろそろ帰ろうかという時に、まだ普通に起きて仕事されてたのを見て「仕事って大変そうやなぁ」なんて幼心に思ったことを思いだしました。いざ仕事を始めたら、ホンマに大変でした。。。でも30代になってようやく少し仕事の本質が理解出来はじめたと思います。

言われてみて初めて考えましたが、雅がマラソン決意するまではすごくスムーズやったんですよ。いつものようなオセオセ節の口説きは必要もなく、雅は自分からすすんでやるって感じやった気がします。きっと本人の中でチャレンジ、好奇心に飢えてた、あるいは何か変えたいこととかあったんでしょうか(体重とか 笑)。いずれにしても、周りの人に支えられながら、彼が自分で決めて、努力して、出した結果です。

日本に帰って一皮剥けた(ちょっと痩せた?)雅を見たって下さい!

さっくん

2009/9/25  3:24

投稿者:小西松甫

さっくん、
メッセージもらってたのに、遅くなってゴメンね。
今日は今まで、全く開ける間がなかったもんで・・・

シドニーでは二人がお世話になって!!
イリーンにも良くして頂き、ほんとにありがとうございました。
空港のお出迎えから、食事のことまで・・・

でも、何と言っても、あの雅にマラソンを決意させてくれた功績ほど
大きなものはないよね!!
昔から、いっつもさっくんがリードしてくれる姿を、ありがたいな〜と
感謝しながら見てたんよ。
今回もお蔭で、またまた男にしてもらったね(^0^)
ほんとにありがとう!!
「完走だけはさせます!」って言ってくれた言葉を信じ、安心してはいたものの、実現してホッとしたわ〜

さっくんの言うとおり、絶対一人では叶わなかった快挙だと思います。
支えてくれる人、同じように喜びを分かち合える人、そういう人がいるからこその完走だったと、つくづく思います。

それぞれの夢を追いながら、いくつになっても昔の心のままで繋がっていられるのって、ほんとに有難いよね。
いつまでも、お互いにチャレンジ人生を!!

2009/9/24  11:56

投稿者:さっくん

お久しぶりです!

ブログ読ませてもらいました。日本に生中継して頂いてたみたいでありがとうございました!

雅とえりかちゃん、今朝の飛行機で無事日本へ向かいました。残念ながら、朝に仕事が入ってたので見送りはできなかったんですが、さっき空港のサイトで確認したら定刻通り出発したようです。

過去にシカゴマラソンを2回走りましたが、それとはまた全く違い、今回のシドニーマラソンは丘だらけの過酷なレースでした。。。平坦な道の方が少なく、常に上りか下り。気持ちとしては殆ど登りだったような気がします。そんな難関コースにもかかわらず、雅は初マラソン予定より30分程早いタイムで、僕も目標のタイムを3分強切れました!雅が初マラソンで、しかもシドニーで完走どころかこんなにいいタイムがでたのは、毎日こつこつと継続して頑張ったトレーニングのおかげです。本人もすごく楽しんでマラソンを終える事ができたようです。

マラソンは自分自身と勝負するスポーツだと僕は思うのですが、だからこそそれに勝てた時は嬉しいものです。人生において、他人に勝つことよりも自分に勝つ事の方が大事だと思います。基を辿ると自分に(あるいは自分にも)原因があって、それを他人のせいにすると1秒で解決できるのですが、それを自分で受け止めて向き合うことで次がよりよくなることがあります。マラソンをすると自分が少し強く、良い人間になれたような気もします。幼馴染みと30代になってもそういう感覚が分かち合えるのことは、とても幸せです。まだまだ未熟な二人ですが。。。

そんな自分との勝負をサポートしてくれる周りの人々は不可欠です。それがなければ決していい環境で勝負に挑めないですし、そのサポートがなければきっと自分に負けてしまうこともあります。雅も僕もそれは今回身にしみて実感しました。

これからもきっと色々な挑戦を各々で、そしてたまにまたこうして一緒にしていく事になりますが、応援よろしく御願いします!

from Sydney

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ