2007/2/18  12:08

感動の夕べ  のんびり ゆったり

クリックすると元のサイズで表示します

遥か彼方にライトアップされた大阪城。ブレブレが却って幻想的?
夕べは教室のあと、この大阪城近くにある、いずみホールで「声明(しょうみょう)」の会がありました。
わかりやすく言うと、経文のミュージカル(大ざっぱ過ぎてごめんなさい)のようなもので、普通は目にすることも耳にすることも少ない儀式の世界を、コンサートホールを使って一般の人に味わってもらえるよう、数年前から始められ、夕べもいずみホールにいっぱいのお客さまが、雨にも関らず詰め掛けられました
16人の正装された僧侶の方たちが客席の通路にずら〜っと並ばれ、最初に「ウォ〜〜〜っ!」と、大地の果てまで響き渡るような素晴らしいお声で始まり、リードのパートを取られる方(これがお知り合いの佐伯公応師)の後に全員が答える形で進んでいきます。単に儀式の再現というだけでなく、一部の隙もくるいも無い、見事な芸術品を見せていただくような感動の2時間でした。時折、会場いっぱいに舞い散る散華の美しい様子に身もこころもうっとり・・・・
疲れた体と心に、栄養たっぷりのひと時を味わうことができました。



2007/2/20  1:37

投稿者:小西松甫

毎年ご案内を頂き、今回で4回目の経験ですが、まさに五感に訴えられるものって、感動が深いですね。

http://hello.ap.teacup.com/miyabi_ryu/

2007/2/19  10:31

投稿者:akko

荘厳なる経験をされたのね。心が清められた思いだったでしょう?
僧侶の方の、大地に響き渡る声・・・、分かるような気がします。
毎年伺う、成田山新勝寺。大大大太鼓が「ド〜ン」と打たれ、そこから始まる十数人の僧侶によるお経。その太鼓と、お経を聞くといっぺんに、体の中の悪しきものが飛んでいくような思いになります。
それと、同じね。
「声明の会」、その場に居られてだけで、疲れた体と心に元気がもらえ、良かった良かった。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ