2007/2/15  0:29

600キロ旅したお雛様  今日の感動

クリックすると元のサイズで表示します

第2水曜は東京教室の日。今回も、お昼は東京在住の小学校仲間との楽しいランチに10人ほどが集まりました。
ところでこのメンバー、手芸の達人ぞろいで、み〜んながいろんなことをこなせるんです。書き込みでお馴染みのAKKOさんが、こんなステキなお雛様をみんなに作ってきてくれました。ペーパークイリングと言って、細く切った紙をクルクル巻きつけてパーツを作り、それを組み上げていく、非常に細かい作業です。5cm正方の小さな色紙の中に暖かな春が広がりますね〜


クリックすると元のサイズで表示します

横から見ると、こんな感じ。この紙幅は3mmです!



2007/2/15  7:50

投稿者:akko

わおおー、恥ずかしい。私の愚作がブログに・・・・。

―クイリングの歴史―

クイリング(又はペーパーフィリグリー、又はコイリングともいわれています。)は、15〜16世紀頃、フランスやイタリアの教会の修道女が宗教的用具を美しく飾るために始めたと伝わっています。当時、紙は大変貴重でしたから製本時に出た紙の切れ端を利用したようです。現在はアメリカ東部、イギリス、オーストラリアでホピーとして広く愛されています。
紙の端をクイリングバーで、クルクル巻いて最後を接着、その後形を整えます。
私は、まだまだ自己流の初心者。
公開されて、照れちゃうわ・・・。

2007/2/15  1:48

投稿者:小西松甫

Oh,yeh! Carubonala・・no,no!!


http://hello.ap.teacup.com/miyabi_ryu/

2007/2/15  1:05

投稿者:banban

Is this a pasta made?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ