2009/2/14  0:46

今までの秘密がバレンタイン  お知らせ

クリックすると元のサイズで表示します
 節分の日のブログで「オニでもなんでもいらっしゃ〜い!」ナンて言ったら、ほんとに来てしまってたんです・・・
3日の夜中、2時半に病院から携帯が。
 丁度その頃私は、明くる日から始まるカルチャーロビー展に出す作品をドロナワで仕上げつつあるところでした。
「こちらは大阪○○センターですが、ご入院中の小西友(絹甫の本名)さんが脳梗塞をおこされまして、左半身にマヒが・・・」
12時頃、左手の感覚がないのに気づきナースコールをしたとか。
 電話で話している間は、落着いて状況を伺っていたのですが、聡甫に連絡して病院に向かう間中、ガタガタガタガタ全身の震えが止まりませんでした。
生まれて初めて感じるような衝撃・・・
 考えてみれば、こんな年で初めて親の生き死にに関ることでショックを味わうなんて、恵まれすぎてたんだな〜って。
もっと早くに親御さんとの別れを体験した友たちの顔が次々浮かんできた途端、体の震えが収まりました。
 病院に着くと、意識はしっかりしており、ろれつが少し廻らないのと左手左足が動かないのと・・・
でも、右手が無事でよかった!左もそのうち、絶対に動く!
そう信じながら、朝までずっと、眠る間も揉み続けました。
 何より恵まれていたのは、入院中に起きたことと、しかも当直の先生が脳卒中のご専門でいらしたお蔭で即、検査をしながらの治療が始められたことです。
それと、膝の手術が済んでからだったのも、有難かったです。
でなければ、当分手術は出来ないどころか、痛みのある足で脳梗塞のリハビリをしないといけなかったわけですから。
 先生や看護師さん達の、それはそれは温かい治療と本人のたゆまぬ努力で、先生方も目を見張られる回復ぶりを見せております。
言葉も100%完璧に、左手もしっかり力が入り、自分でコントロールできるところまで戻りました。
ただ、皮膚の感覚に関しては、まだ時間がかかりそうです。
 再発の危険性が最も高いのが発症後1週間ということで、ず〜っと点滴が3本つながれたままの絶対安静でしたが、それも無事通り越し、やっとひも付きから解放。
これまで、美しい世界を求め、仕事一筋にカリスマ性を発揮しながら生きてきた絹甫の身に、こんなことが起きようとは、思ってもみませんでした。
 何が待っているか、予想の立たないのが人生ですねぇ。
でも、3日目ごろ、こう言ってくれました。
「いつも言ってきたように、指先を使う押絵の作業が、どれほど良いリハビリになるか、これからは自分の体で見てもらうようになるね」と!!
この状態でこれを言えた絹甫は、やっぱりすごい!!と心から拍手を送りました。
 例え不自由な状態であろうと、出来るだけ早く教室に復帰し、今度は皆さまの力をお借りしながら押絵に携われることが、真の意味で生きる喜びになることでしょう。
昨日のちょっと不可解なブログのナゾ、お解りいただけましたか?



2009/2/16  1:15

投稿者:小西松甫

Thiromiさん、
ご心配頂いてありがとうございます。
先日のお教室は、大変失礼いたしました。
仰るとおり、本人のやる気が先ず第一だと思います。
でも、入院という過酷な非日常の中で、いくら普段は
勝気な人間でも、その「気」を保ち続けるのは、大変なことですね・・・
2人3脚で頑張っていきます。

カルチャーのロビー展、わざわざ奈良からお越し下さったんですか!?
ありがとうございました!!
結局私は、行けず終いだったんですが、とても好評だったそうで、
喜んでおります。
では、25日の御目文字を楽しみに〜〜

http://hello.ap.teacup.com/miyabi_ryu/

2009/2/16  1:06

投稿者:小西松甫

AKKOさん、
どうもありがとう!!
AKKOさんの温かい励ましを、母に伝えると、とても喜んでました。
AKKOさんの時には、ずっと心配してた母が、今度は選手交代で励ましてもらってるね〜
ほんとにありがとう。

http://hello.ap.teacup.com/miyabi_ryu/

2009/2/16  1:02

投稿者:小西松甫

榎木さん、
いろいろご心配をおかけしました・・・
今は只ただ、一日も早く教室へ出られるようになって
皆さんにお会いすることを目の前のパンにして、がんばって
日々を過ごしております。
もうしばらく、お待ちくださいね。
その節はどうぞ、よろしくお願いいたします。


http://hello.ap.teacup.com/miyabi_ryu/

2009/2/15  12:18

投稿者:Thiromi

松甫先生には、ほっと安心されてのブログだったのでしょうか?
ブログがなんか普段と違っているように感じながら、多分、大先生の分までお忙しい?と簡単に思っていたのですが、今朝のブログでびっくり!!でもひと安心なのでしょうか?
でも今の大先生のお身体は寒暖の差(院内は大丈夫)
ご自身の気力(大先生は大丈夫そう)
ご家族の協力が一番大切(えらそうな言葉お許しを)以前私が勤めていた病院では理事長は「病気は本人の治りたいという[気]が一番大切、私達ドクターはあくまでもお手伝いをさせてもらっているのだ」とよく患者説明に言っておられました。くれぐれもお大事に
アッチョキ朝日カルチャーロビー拝見に先週行かせていただきましたぁー♪x3

2009/2/15  9:45

投稿者:akko

お母様の前向きなお考えで、きっと回復されると信じます。
今まで休み無くお仕事に励んで居られ、足の手術の為の入院も、押し絵の
お道具を持っての入院でしたね。
ここらでちょっと「休憩」と思って、ゆっくり休養なさって下さい。
お大事に。

2009/2/15  9:33

投稿者:榎木 ひろえ

言葉がないビックリ!!!お家元先生がなぜ??
今、考えてみますと ちょっと不可解な事が色々と・・・
ブログで途中からお家元先生の快復の事が一切書かれなくなりましたねぇ・・・
今日のブログで最後まで読ませて頂き、言葉も100%大丈夫!!
左手も、もうしっかりとされている様子、少し安堵致しました。
今は、ご無理なリハビリをされずに少しづつされて、
一日も早く元気に お教室でお目にかかれます事を
門下生一同お祈り致しております。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ