2006/11/19  10:09

ダンちゃん  やや個性派ねこ

クリックすると元のサイズで表示します

昨日は心斎橋の教室の日。いつもならこの時期、それはそれは見事な銀杏並木が
黄金色に輝き、今日はそれを貼り付け〜〜って楽しみにしてたら・・・
まだ黄色交じりの薄緑状態で、いまいち。

暑がりの私は、こんなに温かな年ということもあって(ほんとはちょっと、かなり
さぼってて)先週やっと衣替え
ネコの手も借りたい!とは言ってないのに、ちゃ〜んとお手伝いしてくれるダンちゃん。
生まれてすぐの小さい時に、東京で学生生活を送ってた次男が道で発見。これまた無類のネコ好き。ほんとはその日、長男の子供が生まれたので、その子を見るために帰省するとこでした。
ところがところが!道の真ん中で、カラスにつつかれそうになってる子猫を発見。
しかもその子、片目がつぶれてて見えてません。すぐに拾って休日診療のある動物病院へ直行。3日3晩の手厚い看護のお蔭で危うく命をとりとめスクスク成長。
今では6キロの好男子に。でも、そのダンちゃん騒動のおかげで、次男が帰省して初甥を目にするのは、かなり後のことになりました。甥っこに勝ったダンちゃんのお話。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ