2008/2/23  13:22

高野山の声明  今日の感動

クリックすると元のサイズで表示します
今夜は1年ぶりに、高野山の声明の会が大阪いずみホールで開かれました。
高野山で大変お世話になっています一乗院の副住職、佐伯公応氏が主宰される催しで、日頃お山で行われる法会をステージ上に再現し、一般の私達が拝見できるような会が始まり早や7年。
今回は、「修正会(しゅしょうえ)」と言って、年の初め元旦から七日までの間、高野山の各寺院で執り行われます、国家安泰、五穀豊穣を祈る儀式を拝見することができました。
民衆の代わりに罪過を懺悔し、その功徳をあまねくもたらして頂くという主旨です。
途中、大きな声で誓いの言葉が放たれたり、16人のお坊さん全員が杖で地面を叩きながら(悪鬼を払う為)ステージ上をぐるぐる走られたり、目からもちょっと変わった感動を味わうことができました。
毎回、よくあれだけのお声とピッタリのチームワーク(?)が、一瞬の滞りも無く続くものだと、素人丸出しの感心をしてしまいますが、あっと言う間の100分間。
終わった後の感動と清涼感は、体験したものでないと・・・ねっ!
今回は、初参加の絹甫と教室のEさん、Sさん、Gさんもご一緒で、みなさんとても温かなお気持ちで家路につかれたようでした



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ