2015/2/28  13:29

古代象形絵文字  今日の感動

クリックすると元のサイズで表示します
昨日の教室の後、リーガロイヤル主宰「竹本大亀先生による古代象形絵文字の特別鯉座」に伺いました。
古代文字をわかりやすく解説してくださる竹本大亀先生。
先日の、Facebook Art Challenge 5でご縁を頂いた、とても優しく温和な先生です。

クリックすると元のサイズで表示します
第1部では、10mの大紙に8文字を書かれるパフォーマンス。
毎年1月3日には、京都の松尾寺に、その年の夢文字を一文字、揮毫しておられます。

クリックすると元のサイズで表示します
第2部は、押絵でいつも使わせていただいてるお部屋で実習を
前もってお願いした好きな1文字の、楷書と古代文字2種類のお手本です。
30人分、きちんとこうしてご用意くださり、有難いですね〜!

クリックすると元のサイズで表示します
太い筆を持つなんて、何年ぶりのことでしょう!!
古代文字は、筆先を見せないように書くのが注意点とか。
難しいながらも、無心に書いている時間が楽しくて楽しくて!!
皆さんがいつも感じてくださるのは、このことだな〜と実感できました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
第3部では、大きな紙に太い筆で書かせていただける体験コーナーも!!
覚えたての古代文字「笑う」を書いたつもりが、ちょっと泣いてます

クリックすると元のサイズで表示します
色紙に清書した「笑」と竹本先生とご一緒に記念写真を!
今年1年、この文字で頑張ろう!という夢文字。
それを「笑」にさせていただいた私にとって、まさに夢の2時間半でした。
いつか押絵とコラボが・・・
竹本先生、本当にありがとうございました。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ