2013/5/26  23:42

茂山千作先生にお別れ  悼み

クリックすると元のサイズで表示します
明日のご葬儀に伺えないので、今夜のお通夜にお詣りさせていただきました。
夕日がすっかり西の空に傾いて・・・

クリックすると元のサイズで表示します
最近は、八重の桜で一段と脚光を浴びている、黒谷の金戒光明寺。
この北門から入る方は少なかったのですが、境内に着いてみると、特設テントの中や山門の下でいったん止められた方々で、2000人近い方がお別れに来られていました。人間国宝と言うお立場を気にすることなく、ほんとに気さくに長年お付き合いさせて頂けたことに、改めて心からの感謝を申し上げました。

昔、お家に伺って先生が出て来られるのを待っている間、隣のお部屋から「へ〜へ〜、ほ〜ほ〜」と先生のお声が。
あっ、お電話だったのか・・・と思うと、また「へ〜へ〜、ほ〜ほ〜」???
なんと、先生の飼っておられた九官鳥が、先生の真似をしてたんです。

私達が震災に遭ったときも、カセットコンロで使える炊き込みご飯の土鍋セットを送ってくださりホッとひと息つけたことは、今でも忘れられない思い出です。
30代からお稽古させて頂いた父。押絵の事で大変お世話になっていた母。
どちらも京都まで伺えない体を、どれほど悔しく思っていることでしょう・・・
二人の分もしっかりと、お別れさせていただきました。
直接お会いすることはもう叶いませんが、いつまでも私共をお導き下さいませ。



毎日ご訪問くださる皆さま、
ほんとにありがとうございます!!

ブログランキングに参加しています。
毎日1回、下のマークをひと押し絵、よろしくお願いします
!!

      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ



2013/5/28  12:24

投稿者:小西松甫

榎木さま、
ほんとにそうでしたね・・・
父が出させて頂いてた頃は、年に数回拝見できましたし、
みやび会の集まりにも、何度もご出演頂きましたよね・・・先生の、あのお声とお姿は、いつまでも強烈な印象で心に留まって頂けることでしょう。残念ですが・・・
でも、後継の方々が、一所懸命受け継ぎつつ、新たな芸を模索しておられるお姿に、感動しながら色々学ばせていただいております。
素晴らしいご縁をいただけたことに、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

2013/5/28  9:15

投稿者:榎木 ひろえ

松甫先生
茂山先生には、私達、みやび流押絵にとっては色々と
楽しい狂言を鑑賞させていただきましたですね!!
色々な場所にお出で頂きました事は忘れることは出来ません。本当に!!本当に!!偉大な先生がお亡くなりなられました事は残念でなりませんが、
心から茂山先生のご冥福をお祈り申し上げます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ