2013/2/11  12:22


クリックすると元のサイズで表示します
これまでに一体、何種類のお雛さまを作ってきたことでしょう。
教室の皆さまも、ご自分用やプレゼント用にと、毎年新しいものをご希望になりますので、こちらも有る知恵、ない知恵を絞って考えます
今年の搾りかすから出てきたお雛さまが、こちら

クリックすると元のサイズで表示します
男雛さまは地模様だけの銀襴で、女雛さまは金襴をピンクに染めた2色だけのお雛さまです。
帯は紺とピンクの繻子を使って輝きを
「喜びな」と名づけたこのお雛さまが、春の幸せを届けてくれますように・・・


毎日ご訪問くださる皆さま、
ほんとにありがとうございます
!!
ブログランキングに参加しています。
1日1回、ひと押し絵、よろしくお願いします
!!

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ