2012/5/27  11:49

ヘレンケラー女史と  こんな押絵(押し絵)がありますよ

クリックすると元のサイズで表示します
視覚、聴覚、言語の三重苦を克服し、自ら社会福祉に一生を捧げられたヘレンケラー女史。
家庭教師サリバン先生と障害を克服していく愛と闘いの映画「奇跡の人」が上演されたのは、私が中学生の時。とても感動的でした。

昨日、何年ぶりかに叔父から電話があり、昔、曾祖母がヘレンケラーさんとご一緒の写真を息子が欲しがってるので焼いてもらえないかと。
お安い御用〜!と複写した1枚です。
これは確か1955年(私はまだ5歳)、3度目で最後の来日となられた時、女史に押絵の額を差し上げる初代絹甫です。真ん中は、秘書のトンプソン夫人。
布の膨らみや顔の表情を、愛おしむように手で撫でながら喜ばれたそうです。
ヘレンケラー女史の左手に重ねられた絹甫の右手・・・
曾祖母も足に障害があり杖を持っているので、自由なのは右手だけ。
言葉や障害を越え、魂が通じ合う瞬間を経験できたことでしょう

沢山の名言を残されたヘレンケラー女史。
その中で、いま私の心に響くのは・・・これ。
  元気を出しなさい。今日の失敗ではなく、
      明日訪れるかもしれない成功について考えるのです。


毎日ご訪問くださる皆さま、
ほんとにありがとうございます
!!
ブログランキングに参加しています。
1日1回、ひと押し絵、よろしくお願いします
!!

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

〜〜みやび流押絵教室〜〜
<大阪> エコールドロイヤル校(中ノ島リーガロイヤルホテル内)
       2・4金曜10〜12時
<神戸> KCC神戸新聞文化センター(三宮ミント17F)
       1・3水曜10〜12時
<東京> 銀座おとな塾産経学園(銀座ファサードビル4F)
       第1木曜1時半〜3時半
<京都> 京都新聞文化センター(京都新聞南館8F)
       2・4水曜1〜3時
<加古川>神戸新聞文化センター(神戸新聞東播支社内)
       1・3木曜10時半〜12時半


みやび流押絵事務局 tel/fax 0797-34-1001 小西松甫
みやび流押絵HP http://oshie-miyabi.com





コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ