2011/3/22  0:00

アンリの蟻田さん  悼み

クリックすると元のサイズで表示します
芦屋を、と言うより日本を代表する洋菓子店、アンリシャルパンティエの創業者、蟻田尚邦さんが亡くなっておられました。
アンリさんは私の住む芦屋市公光町(きんみつちょう)に、42年前にできた小さなお菓子屋さんでした。
フランスで修行された後、お店を構えられたのが阪神芦屋駅前のビル1階。
小さなシュークリームを家まで配達して頂いてた時期もありました。

何といっても一番の売りは、クレープシュゼット。
お店でこれを注文すると、お皿に載ったクレープがワゴンで運ばれてきて・・・
お店の照明が落とされたかと思うと、パッと振りかけたお酒に火が入った途端、
幻想的な青い炎が〜〜
お味も雰囲気も最高でした。

聡甫が赤ちゃんの頃、同じビルの5階に住むようになり、蟻田さんともそれまで以上にお親しくなり、出来立てのフィナンシェもよく下さいました。
懐かしい思い出の時代です。

69歳という、まだまだお若いお年で・・・
常に第一線を走り続けられた緊張感は、気の休まる時が無かったことでしょう。
蟻田さんにとっても、あの小さなお店で白衣を着ておられた頃が、一番懐かしい時期じゃなかったのかな・・・
どうぞ、ゆっくりとお休み下さい。


ブログランキングに参加しています。
1日1回、ひと押し絵、よろしくお願いします!!

人気ブログランキングへ





2011/4/8  16:16

投稿者:小西松甫

のんきくんのパパさん、
あれ・・・?
私、アンリに誘って頂いたこと、
なかったな〜(~-~)

2011/4/8  8:39

投稿者:のんきくんのパパ

学生時代は、よく喫茶店に行きました。ふだんはアンリの斜め向かいにあった[シャロンヌ]か国鉄芦屋駅北の[ユーカリ]。でも、僕にとって好感度高い女性とは[アンリ]でした(^^;) 「ショートーケーキの生クリーム添え」をよく注文しました。アンリの出現で従来のケーキが一変したような気がしました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ