2010/3/14  10:14

70歳解禁  美味しいもの

クリックすると元のサイズで表示します
私は生まれがハーフなんです。
群馬の父と、大阪の母の
母絹甫の方は、江戸からずっと船場で唐薬問屋を営んでたもんで、
外の血が入ったのは私が初めて。
身の丈160cmで靴が24cm、二重まぶたに力自慢・・・
な〜んて、男も女も華奢な流れからすると、とんでもない怪物出現
子供の頃は、金時とか女力道山とか言われ・・・

ま、それはさておき、昔の船場の食事って、それはそれは質素なもの。
朝は、お香こでぶぶ漬け(お茶漬け) ご飯を炊くのは1日1回。
お昼か晩は、お冷やを食べることに。
その代わり、1日と15日には、普段付かない特別のお魚をつける。
お漬物やお魚の種類も、仕事の位や年の順によって、細かく区分
されてたようです。

写真の1品、母の家で大昔、70歳を越えると朝ごはんに許された人参の炊いたん。
金時人参におぼろ昆布を混ぜ、仕上げに梅干をほぐして炊いたもの。
母の大好物なんですが、私はこんなの大っきらいで見向きもしませんでした。
しゅっぱいし・・・
でもこの間、立派な金時人参を見つけたので、いっちょヤッテみようかと・・・
梅の代わりにスダチをいっぱい絞り込んだところ・・・
美味しい〜〜〜!!!
これまでと全然違う、ニュー船場の味に母も大満足
私も年をとったのかな〜〜
でも、昔だったら、もう10年しないと食べられないとこです

今日もひと押し、よろしくお願いします!!
  
blogram投票ボタン



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ