MJイラストレーションズ日記

 
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:シミズチエコ
コメント遅くてすいません。

筒井さん手を入れて素敵さアップですね。
バラが華やか。文字もいいですね。
米田さんのツボでした。米マークも。

清水智子さんコメント感謝でございます。



http://chieco.sakura.ne.jp
投稿者:キムラキコ
先生、うれしいお言葉ありがとうございます(なのに、コメント遅くてすみません)
指摘されるまで実はまったく顔に見えていなかったんですが、視点が凝り固まってる証拠ですかね…。
一言くださった方々もありがとうございました。

福原さんの作品はうつくしかったです!手にとってまじまじと見ている方が多かったと思います。装幀にも使いやすそうですね。白い帯(つるっとした用紙とかトレペとか)をかけてはずすと下に…みたいな想像(妄想?)をしてしまいました。
井田さんの女の子がみずみずしくってちょっとあやうい雰囲気もあって、これぞ思春期!という気がします。

大野さんが書かれているように、私も本の内容をどう描こう?!ということで頭がいっぱいでした(それで描くのを断念したのが『父の詫び状』とか)
どのクラスも見応えがありますね〜。今回の授業にはだいぶ遅刻してしまったので、1周目の方の作品がちゃんと見られなかったのが、いまさらながら残念です…。

http://www.alfoo.org/diary27/janvier_025/
投稿者:米田
先生。皆さん。投稿遅くなりスイマセン!福原さん、シーゲル君、加藤さん、北住さん、大野さん、本田さん、正一君コメント本当にありがとう。先生にも最高のコメントもらい感激です。最近カラダの調子が悪く少し落ち込んでいたので本当にうれしいです。なんだかすごくやる気がわいてきた!正一君の絵巻物のアイデア頂き!
投稿者:安藤絵美子
筒井さんの色合いとか書き文字とかすごくいいです!
古屋さんのなんだかドキドキします…!
江頭さんは私も同じ本を描いたのですが、こういうとらえ方もあるのかと思いました。やっぱり人それぞれ違うんですね〜。
投稿者:古屋智子
江頭さんの抜け感とってもいいです。福原さんの日本画のような静けさも惹かれます。皆さんいいんでコメントしづらいってのほんとですねw

コメントいただいた皆様ありがとうございます!自分の絵は泥臭い、と思ってるのでなんかクールとか言われるとちょっと照れます。

http://homepage3.nifty.com/tomo_h/artwork/
投稿者:森保 
完成度 高くて...何も言えないです...
皆さん イメージとゆうかがしっかりとあるのだなぁ〜と感心しきりですが  個人の好みで
福原さんの白が印象的でした
加藤さんはやはり?時代物(期待してました)ですが
何時もより ちょっとかわいらしい感じが又
好みです。
投稿者:椎木
わ〜すてきですね。
加藤さんが言うように全部良いのでコメントしづらいです。
強いていうと筒井さんと正一さんの作品に目がいきました。
絵も文字もすてき
投稿者:シーゲル
米田さん、新境地! 素晴らしい!!
正一さん、王道行ってるね〜 凄い画力。
加藤さん、帯の隠れ猫が洒落てますね。
筒井さん、描き文字最高。色も気持ちいいです。
大野さん、清々しさを感じます。
江頭さん、この空気感、好きです。
古屋さん、東野圭吾ドンピシャリ!このまま書店で売っていても違和感ないです。
吉田さん、黒バックに野蛮でパワフルな南方植物の組み合わせ超ツボです。
すみません、ほかにもコメントしたい方々がいるんですけど、いかんせん睡魔に襲われて...(苦笑)
投稿者:福原
先生、ありがとうございます。
コメントして下さった方、感謝です。

今回の授業は、実際に手に取って読んでみたくなるような装画が多く、とても楽しかったです。絵からイメージが膨らんでいくようで、でもきちんと個性のある絵・・。とても勉強になりました。
米田さんの絵を見た時、この本、持ちたい、読みたい、と思いました。吉田さんの独特の世界にも魅かれます。大野さんの絵の持つ雰囲気はいつもいいな、と思います。今回の冒頭文もイラストレーションについて考えさせられました。
投稿者:加藤佳代子
全部良い感じなので、コメントが入れづらいです。
米田さんの絵は自由闊達な感じが出ていて、見ていて楽しくなりました。自由感、いいなぁ・・・
大野さんの女性を描き分けているところがすごいなぁと思います。題名・著者名・帯・バーコード等、自然なレイアウトが出来そうで完成度高い感じがします。
筒井さん、色が素敵、デザインも大胆で人目を引きますね。
江頭さんの落ち着いた深み、正一さんのシンプルなデフォルメ、古屋さんの何となく怖そうなところ、清水さんの民話っぽさ、本の内容を彷彿とさせるところがいいと思いました。

ちなみに私の絵の猫は、帯を外したときに出てきます。(猫を描く回数、多いですか?)

http://kato-kayoko.jimdo.com/
1|23

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ