やっぱり  イカ

自分の中での冬の風物詩。

恒例にしているタルイカ釣りに行ってきました。

昨年、今年と、マイカの釣果が良過ぎて、タルイカの出航が危ぶまれるので、

仲間を募って、ひと月近く前から予約してました。

案の定、何処の船宿も出航していないような状況で、釣況も掴めません。

予約した船、若狭大島の海生丸さんも、今シーズンの初釣行。

にもかかわらず、タルイカ深夜便のお客さんは、15名と多めです。

人気ありますね。


SquidFisherさんと、きんべえさんの3人で、名古屋を17時半に出発。

夕食、釣具屋等々で時間を潰しながら、21時半に宿に到着。

受付を済まして、釣座は抽選で右舷のミヨシになり3人並びました。

船は、半夜便から帰ってきてのピストン便。

半夜便のお客さんが降りてから、乗りこんで準備。

23時に出船。

1時間以上走ってポイント到着。マイカ船の漁火も見えなくなる程の沖です。

クリックすると元のサイズで表示します

釣り開始しましたが、アタリも無く時間だけが過ぎ去ります。

サゴシかハマチが釣れないかと、イカ短と小アジを付けて遊んでみますが・・・

何も釣れずに終了でした。


途中、胴の間の方がスッテでスルメイカを釣られたので、SquidFisherさんもお遊び開始。

マイカを鈴なりに掛けられ? きんべえさんもマイカ釣り!

出航確認の際に、マイカの釣れるポイントなのか船長に尋ねたら、タルイカのポイントなので期待できないとの事でしたので、マイカの仕掛けは要らないと仲間内にも連絡してて失敗でした。SquidFisherさんは、道具そのまま入れてたみたいです。

でも、200mを越える水深のタルイカポイントでもマイカが釣れるなんて、やっぱり変な年です。

SquidFisherさんも、最初釣れただけで、結局マイカ7杯で終了。



最後まで、指示棚の90mより上を丹念に探ってみましたが、私の仕掛けにタルイカは来る事はありませんでした。

船中、タルイカは小型が2杯のみでした。


SquidFisherさんからマイカを2杯頂き、オミヤとなりました。

ご馳走様でした。

朝、6:30納竿。

8:30に帰港して、名古屋に11頃着いたのかな?

私が自宅に着いたのは、正午を回っていて13:30分頃だったかな?

疲れ果てて、ちょっとだけ爆睡。

後かたずけして、寝ぼけ眼で明日の準備(爆)



超激渋の、退屈な時間だけが過ぎ去るタルイカ釣りに誘ってしまい、お二人には悪い事しちゃいました。

懲りずにまた行きましょうね!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ