台湾ネコ茶。

台湾とネコとお茶を心から愛する、
台湾茶ショップオーナーのひとりごと。

 

 無事に台湾研修より戻りました!製茶作業の過酷さや茶農の方々の真摯な姿に多くのものを学ばせて頂きました。これからも、台湾茶を大切に販売していきたいと思います。  from ++玲瓏茶荘++  5/末までオープン1周年記念感謝セール実施中! 

自我介紹・連結
(自己紹介・リンク)

英国生まれ、東京育ち。
前世は台湾人と信じて疑わない、自他共に認める台湾+動物好き。
10年ほど前からチャイニーズポップスにハマり、趣味が高じて台湾・台北に語学留学。その後、米・シアトル〜NYC(NY市)へと流れ着く。
音楽・エンタ関係のビジネス等を学び2000年末に帰国するも、1年後には結婚、ややはみ出しながら家庭に入る。
現在は、関西人の夫とロシア野良ネコの血を引く愛猫・玲瓏(メス:通称ろんこ)と共に、これまた大好きな 台湾茶 に囲まれ、意外と真面目に主婦+ショップオーナーしています(^^ゞ



◆台湾ネコ茶。をBlogPeopleに追加


ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:linglong
>風力0さん
うわ〜、一週間しなかったら心配したでしょうね。
離れているだけで不安ですもんね。
でも、良かったです、仲直りされて…
エライコトってなんだろ〜
気になるけど…なるけど…いつか風力0さんが教えてくださるまで待ちますぅ(^0^)♪
ガイジンさ〜んは、文化や考え方がまず違いますもんね〜。
でもそんな映画みたいな恋が出来るの、素敵じゃないですか♪

お暇な時はまた、いつでもお喋りに来てくださいね(*^^*)
お待ちしてます〜
投稿者:風力0
こちらこそ!

実は、昨日emiliaに電話したら怒ってました(苦笑)彼女が怒るの初めてだったんでビックリ。
電話を一週間しなかったんですよ。随分心配したみたいですよ。だから彼女から「あなた、電話で何が欲しいの?ハッ〜」って言われちゃいました。
一瞬映画のワンシーンみたいだなとか思ったけど。

正直心配だったから今日・・・・
コリャ〜普通の言葉じゃ納得しそうないなぁ、と思って電話で「エライコト」言っちゃたんですよね。
まぁそれが決め手で彼女納得して「いま、もう安心したから大丈夫」。。。だそうです。

これでよかったんだろうか????
ガイジンさ〜んはほんと神経使いますね。
投稿者:linglong
>風力0さん
あっ、本物だっ(笑)
そうなんですか〜!
北方騎馬民族が祖先とは…意外です。
ルーマニアも姓・名の順なんですね。
なんか親近感を感じます〜。

風力0さんは、APを始めて一番にお友達になって頂いた方で(私が勝手に親近感を持ったばかりに(^^ゞ)色々感謝しておりますです…
またお時間ある時には遊んでやってくださいませm(_ _)m!
お願いします〜♪
投稿者:linglong
>ともぢさん
そうなの〜、私はルーかも、ってあったから、一瞬「…ルー大柴??」って(笑)←来るわけないっての

「アルよ」はもう不動の地位?を築いてますね(笑)
ゼンジー北京か!
サイボーグ009って、そういうキャラいましたっけね?
あんまり覚えてないけど(ナゼかパーマンとごっちゃになってる私(爆)パーやんが浮かぶ…)そんな喋り方の人がいたんですね〜?
仕掛け人も、まさかこんなロングラン?になるとは思わなかったでしょうね(笑)
投稿者:風力0
ハンガリーの姓名はナゼ日本と同じかと言いますと・・と言うよりアジアと言ったほうがいいのかな。ハンガリー人の祖先はアジア人ですからね。
蒙古あたりの騎馬民族が祖先らしいようです。
時々赤ちゃんのお尻に蒙古斑がでるらしいです。

実はルーマニアも日本と同じです。
テレビでは逆になってますが、本当はファミリーネームでファーストネームです。
投稿者:ともぢ
そうそう、vantさんって、うちんとこのブログにも名前変えて登場してきたから、最初わからなかったんですよ、もう(笑)。
名前の件は気にしなくてだいじょうぶですよ>vantさん

あと、中国人といえば「〜アルよ」と言うっていう思い込みって、私は「ゼンジー北京犯人説」を採っているのですが、友人は「サイボーグ009」のせいじゃないかって言ってます(笑)。

http://star.ap.teacup.com/winered/
投稿者:linglong
ん?vantさんは風力0さん???
お父さまは北京の学校卒でいらっしゃいますか〜
私の母は、実は中国生まれです(^^)
でも日本人です〜れっきとした?大阪人。
中国語も全く解ってません(^^;
投稿者:linglong
>ともぢさん
ん〜、中国語と言っても、この場合は北京語が元になってますので、広東語や上海語、蘇州語や復建語、客家語、台湾語(その他20000語ほどある中国語)では、また変わってくるかも知れませんです。
でもきっと、日本語や中国語のように主語や目的語を外してもOKという言葉、他にもありそうですね。
そういえば、ハンガリーの人は日本同様名前が「姓・名」の順だと言うから、言葉にも意外と共通点があったりして!
投稿者:linglong
>一善堂さん
ハイハイ、そこのお方。
中国人はほんとは「アル」って言わないです(笑)
実際は、ここにも書いたけど「あの人怪しいの人」「お金ないだから」的ミステイクなのです(^m^)
連載かぁ〜…エキスパートなわけじゃないからな〜(^^;
「そんなの知ってるよ」って方もいっぱいいらっしゃるだろぉし。
っていうか、私がきちんと中国語の学校通いたいですよ(笑)

投稿者:linglong
>ひでさん
良かった〜、楽しんで?頂けましたか(*^^*)?
いやぁ、勉強を始めたのがもう随分前なので、当初感じた「おぉぉ〜!」と言う意外な点なんかをもう意識しなくなっちゃってるんですよね。

王力宏は、日本より韓国で先にブレイクしたのかも知れません。
オークションで王力宏チケット入札者の方の履歴を拝見すると、ヨンさまグッズを集めておられる方でビックリしたこともありました。
でもそういう方結構多いみたいです。
中国語の文法は、かなり柔軟性高いと私は思っています。
語順が変わってもOKなのは、英語(話し言葉は別ですが)とは随分違うところですよね。
言語学者じゃないので当然完全な説明ではないですが、中国語という言語の意外な面白さを伝えることが出来たら嬉しいです(^^)
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ