国際弓道

International Kyudo

 

カレンダー

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

メッセージBOX

QRコード

RSS取り込み1

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:mmatsuo
韓国の人は、今回はあきらめたようだ。
投稿者:mmatsuo
ようやく、
「国際弓道連盟 INTERNATIONAL KYUDO FEDERATION」のHPが動き始めましたね。
じゃんじゃん、情報を発信してあげるべきです。


http://www.ikyf.org/
投稿者:mmatsuo
聞いた話では、香港からも1名希望者があるようです。
しかし、海外から日本に来てまでの講習会たいへんですね(費用面でも)。審査がセットになっているのが重要なことで、講習会だけならば、出前講習会の方が親切と言えます。
講師派遣費用はかかりますが、現地の人にとっては、仲間を増やすチャンスにもなるはず。
投稿者:mmatsuo
加盟国の会員はセミナー参加も特別審査受審も問題はない。

加盟国以外の者がセミナーを受けることは問い合わせが必要であるが、大きな問題ではない。しかし、審査を受けようとするとき、その手続きがネックとなる。
特別な配慮をしてあげないと、審査受審は無理だ。

「コネクションのある加盟国経由で・・」「かかわったことのある日本の地連を通して・・」とか方法はあっても、そんなこと言っているようでは、普及は進まない。
コネクションがないからこそ、ダイレクトにIKYFに問い合わせるはずなのに・・
実施場所の愛知県連に協力を得て、その場で登録させてもらうとかできないのだろうか?
あるいは、東京都弓道連盟にIKYF事務局支部でもつくって、そこに会員登録させるとか・・・、何か簡単に行く方法を考えてもいいのでは?
海外からの受審希望者に対して、何年も前から、同じ問題の繰り返しで前に進んでいない。
簡単な方法を見つけ出して欲しい!
投稿者:mmatsuo
韓国から1名が興味を持ち、参加を検討しているようです。
投稿者:mmatsuo
『国際弓道連盟加盟国活動紹介』(2010年4月頃?発行小冊子)によれば、ニュージーランド20名、台湾16名の会員のようです。
台湾は近いし、ある程度の人数は来るかもしれませんね。名指しになっているのでニュージーランドからも来る見込みがあってのことでしょう。
中国は連盟もないし、大学生の授業や部活動で行っているので来るのは難しいのではないかと思います。NIT先生の得意の「交流」として来る方法もあるかもしれないけれど、費用の問題と授業の問題もあるでしょう。

在日の外国人を多数募集しないと、全体数はすくなくなってしまうのかもしれません。
投稿者:GT
そもそもアジアオセアニアで弓道やってるのは、台湾、中国、ニュージーランドしかないですよね・・・
名前と内容があまりにもかけ離れている気が・・・
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ