2006/4/28

安田 南/Some Feeling  音楽

クリックすると元のサイズで表示します

安田 南。彼女の名前をリアルタイムに聞いてきたのは僕らぐらいの年代が最後でしょう。

なにしろ忽然と姿を消してしまって、それっきり30年近くたってしまったわけだし。

新宿ゴールデン街があう女といえばいいのか、大学生なりたての自分には近寄りがたい存在感のある人だったように思います。
なんといのか、頼りたいようで、ちょっと怖いといのか(汗)

あ、ゴッドねえちゃんといのとはまた違いますが。



このアルバムの他には3枚、ジャズアルバムをだしてましたが、そのなかではちょっと異色な内容。
当時の「クロスオーバー」界を代表する面子でバックをかため、松岡直也氏のアレンジが粋。
でも彼女の歌は相変わらずといか、バックとあっているようであっていないような、ふしーぎなコンビネーション。

ちなみにバックはというと。。。
松岡直也(Key、Arr)
山本 剛(p、key)
秋山一将、大村憲司、安川ひろし(g)
高水健司、小原 礼(b)
村上ポンタ秀一(ds)
その他ホーンセクション、ストリングスなど詳細はわかりません。
うー、豪華!

当時エフエム東京で「気まぐれ飛行船」という深夜番組があって、片岡義男と二人でトークをしながら、ちょっとこだわった選曲で、よく聞いていましたが、ある日突然彼女が出演しなくなっちゃたんですね、たしか。

僕の記憶が間違いじゃなければ、しばらく片岡さんが安田南さんの行方がわかんないとか、きっともうすぐ元気に復帰するんじゃないか、とかそんなコメントをしながら、しばらく放送が続いていたように思うんですが、そのあたり詳しいことご記憶のかた、いらっしゃいましたらぜひ教えてくださいまし。

西岡恭蔵の代表曲、ディランIIで有名になった「ぷかぷか」、モデルは彼女といのは有名な話。うーーん、また聞きたくなってきたぞ。

6



2006/5/7  22:55

投稿者:へびG

>Cottonwoodhillさん
アマゾンで取り扱いされていなかったと記憶しています。
HMVかタワーならまだあるかもしれません。
店頭でも在庫少でしたので、しばらくするとまた廃盤になってしまう恐れもありますね。

http://hello.ap.teacup.com/kerokeropeace/

2006/5/7  12:15

投稿者:Cottonwoodhill

このアルバムは以前から欲しいと思ってました。アマゾンでも手に入るでしょうか。

http://cottonwoodhill.blog21.fc2.com/

2006/5/1  12:10

投稿者:へびG

>渋谷のジャンジャン
60−70年代を形作ったハコは今はほとんどなくなったね。

ジャンジャンが似合うライブらしいよなあ。
あそこはオーナーの目にかなったものしかやらない方針だったらしいので、まジャンルは関係なくオーナーの意向が色濃くでているハコだったわけだ。

http://hello.ap.teacup.com/kerokeropeace/

2006/5/1  11:50

投稿者:iKO

渋谷のジャンジャンで見たな。
ジャンジャンもないしなあ。

2006/4/29  21:49

投稿者:へびG

昔聞いたときはもっと違和感感じたように思うけど、今はおとなになったのかなぁ。

でも彼女の消息もそうだけど、西岡恭蔵って自殺でしょ?
当時のミュージシャンの生き様っていろいろだけど、ちょっと破滅的なところが多いのも特徴かなぁ。

http://hello.ap.teacup.com/kerokeropeace/

2006/4/29  6:38

投稿者:momongaz

おー、早速...
豪華な面子だけに、確かに異色な組み合わせですな〜

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ