2013/4/4

細腕繁盛記の舞台  コーギー

とかいうタイトルつけてわかる人は同年代かそれ以上の人たちですよね

週末、あの主人公、加世が正子こと富士真奈美に執拗にいじめにあうど根性ドラマの舞台となって久しいあの熱川にピースと3人でひさびさの家族旅行でした。

トロ姉さんも小学校以来の熱川だったようです。
当時、それはそれは大きな施設だと思っていた「熱川バナナワニ園」が意外とこじんまりとしたところだったことに彼女は衝撃を受けていました。

ワンコ連れなので当然、ワンコ可の宿泊場所です。今回はワンコ家族には定評のあるペンション、ビーグルに1泊。
当然屋号通り、飼われているワンコはビーグル。
別荘地のなかにある比較的中規模のペンションといえるかな?ヨーロピアン・トラディショナルというのかアメリカンというのかよくわかりませんが、全体こぎれいで部屋もちょうどよい広さ。ベッドの寝心地もよかったです。

食事は我々にはちょうどよいくらい。味は全体にあっさりめなので、ガテン系ご家族にはちょっと物足りないかも?

熱川では海岸沿いの温泉を堪能し、駅前の干物屋さんで買い込み週末まで魚三昧な生活です。
しかし、あちこち旅館やホテルが廃業状態になっていたり、土産物屋などもだいぶ閉店しており、伊豆全体として震災後の落ち込みがなかなかカバーしきれていないような印象。

とてもよい温泉地だし、首都圏からも近いのでもっと魅力作りを考えていけばまだまだ可能性のある観光地のように思います。
でも土産にかってきた干物は本当においしい!金目の味噌漬けは大変ふくよかな味。
磯の香がします。あたりまえだけど。

みょうちくりんな施設はいらないから、本物であればいいように思うんだけど。

さて、ピースといえば久しぶりの旅行に大興奮でした。
どこへいくにもスキップしながら歩き、海岸のサッカーなど5歳くらい若返ったような勢い。
部屋のなかでもいつもなら適当なところでやめてしまうボール遊びも、我々がやめるまでまったくその気配もなし。
なんだか修学旅行にきた中学生のよう。

帰りの車中はぐったりなピースでしたが、月末で春休み最後の土日でもあった帰路はとんでもない渋滞。熱川から横浜まで6時間の長旅です。
ピース同様、運転手の私もぐったり。疲れ果てました。

でもまた楽しい旅をしにいかなくては!旅がまっている!

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ