2013/2/9

グヤトーン 残念です   音楽

日本のエレキブームのけん引役でもあった楽器メーカー、グヤトーン(東京サウンド)が倒産。

団塊の世代には懐かしい楽器メーカーでもあったでしょう。
私の世代(50代前半)にとっても個性的なデザインや音のギター、独特の味のあるアンプやエフェクターなどもながく親しまれてきた楽器メーカーです。
昨年の売上は1億ちょっと、というからメーカーとしてはもういつ生命維持装置を外してもいいような状態だったんですね。

背景は少子化や海外の安い楽器に市場を奪われたとか、いろいろありそうですが、ヤマハやローランド、他のギターメーカーに比べて良くも悪くも個性的すぎたのが災いしたのかもしれません。
正直、最近のラインナップもほとんど知りませんでしたし。負のスパイラルに陥ってしまい、這い上がれなかった?のか。

皮肉にも倒産報道後、グヤの製品は売れまくっている(もともと在庫は少なそうだから)のか品切れ状態、ヤフオクも高値取引が見受けられますね。こないだヤフオクで処分したグヤのエフェクター、もう少しホールドしておけばよかったかな(笑)

これから先もグヤのギターが見直されることはあってもけしてメインストリームにはならないでしょう。
そんな個性ある存在は一部のコアなファンに支持され、またどこかでグヤの音を生かした音作りがされるのかもしれません。



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ