2012/6/28

よい音楽はかわらないな  音楽

ダウンロードを取り締まろうという法令化に対してハッカーが立ち上がっています。

ユーザーはハッカーたちに喝采中。かたや利権団体たちは国にすりより違法違法と叫んでいる。

どっちにしろ音楽家と音楽を楽しむ人たちにとってなんの利もないくだらないことは日本の文化にとっても一利なしといっていいのでは。
自分達の組織、既得権を守りたいだけとしか思えません。新聞やテレビ同様、既得権に守られて自分達に不利益なことに対しては声高に異を唱えるのはいただけません。

プロ、アマ問わずネットという流通経路、ネットワークによりまた新しいフィールドが生れているのでしょう。ディスクを売る、という販売方法も従来とは違う流れができてきたこと、ローコストで制作できること、などいろんなメリットがあるのでは?

ネットにより古いコンテンツ、未知のコンテンツに触れられる機会が増えたことは、音楽ファンにはとってもありがたいことです。

既得権者たちには悪党、テロリストにもたとえられる彼らだけど、音楽ファンからすれば「レジスタンス」そのものですね。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ