2012/3/27

沖縄のこころ  音楽

先週、24日(土)、25日(日)とトロ姉さんが習っていた琉舞の先生の自主公演があり、僕はその音響お手伝いで参加してきました。

戸惑ったのは機器類が新しいわりに、その周辺機器が不足気味なところにもって、機材に不慣れな自分とのミスマッチ。
マイクのケーブルは短いわ、種類もバラバラだわ、スタンドが使えないわ、マルチがうまくジョイントできないわ、などなどうまくいかないことが多くって。

リハから本番にかけてやっと馴染んできたかな、と思ったところに思わぬ落とし穴が。

もともとMDプレーヤーを持っていなかったのと、最近の民生機の録音・録画がワンタッチボタンで対応しているのにすっかり慣れてしまっていて、録音を頼まれたのに実は録音されていないことに後で気が付きました。Playを一緒におすんだよね。。(汗)

最初の10分くらいだったのですが、あわてて録音をセットし直しようやく動き出したのだけど。。。

どうもレベルが低い。

録音のボリュームをあげたのだけど、まだ低い。

天井吊の収音マイクからだから、仕方ないのかなと思いつつ、ステージの入れ替えごとにセッティングのやり直しやら、ステージ上のマイクの直しなどで上と下をいったりきたり。
ステージ上の裏方をやっている人達は音響のことはまったくわからないし、マイクスタンドの使い方もわからないし。
しかたないですね。

そんなことで録音どころではなくなってしまって、そのうち最後のステージに。


そしてやっと気がついたのです。


収音マイクのインピーダンスがほとんど絞られていたことに。。。(汗)初歩的ミス。がっくし。


すぐにセットしなおしましたが、時すでに遅し。。。


ああごめんなさい。せっかくの公演だったのに。。。


ビデオ収録されていたので、そちらで両方見てもらえるのでしょうけど、なんとも申し訳なく。。


公演そのものはとてもよかったので、残念です。
前座?代わりに出演した先生のご主人バンドは、学生時代に活躍したハワイアンバンドの再結成。
この日のために群馬や九州から昔の仲間が駆けつけて、当時一緒にクラブに所属していた人達もかけつけ、会場は盛り上がりました。
全体にとってもあたたかく、メンバーの思いの伝わるよいステージになりました。

本番の琉舞のほうも、はるばる沖縄から駆けつけた唄手や踊りの先生が見事な唄、踊りを披露しつつ、横浜や東京で活動している皆さんの熱演で会場も盛り上がりました。

なにより沖縄の空気を伝えたい、踊りで元気をあげたい、という先生の気持がとってもよく伝わってのではないでしょうか。

たまにしか沖縄関係のお手伝いをしていないのでえらそうなことはいえないけど、人のつながりを大事にする皆さんとご一緒できてよかったです。
心のあたたかくなるよい日でした。

またなにかお役にたてたらいいですね。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ