2005/12/20

Buscando America/Ruben Blades  音楽

ちょっと古いレコードですが、momongazさんにトラックバックでお気に入りのご紹介。

80年代にブームを迎えたNYサルサ界のなかで、ある種オピニオンリーダー的存在、最近では祖国のパナマ大統領になるとかならないとか、政治的発言でも有名なRubenの代表作「Buscando America」。

初めて聞いたときはけっこう違和感ありました。

クリックすると元のサイズで表示します

だってサルサって絶対パーカスはもちろん、ブラスは絶対アリでしょ?
これはブラスはいってないんだもん。
だからこれ聞いて踊れるか、っていうとちょっと難しいのかなあ。

でも、メロディや歌詞はいいんですよ。
ま、これにブラスがはいっていれば、ちょっと知的なサルサっていうんでしょうか。

もちろん、サルサに思想や信条、メッセージがある、というのがいいとは限らないけど、ただAmor だの、bailarだのばっかしっていうのもなんかなあと思ってしまいます。ま、そのわかりやすさ、っていうのもダンスミュージックには不可欠ではあるんですけど。

表題曲のような異邦人としてのアメリカへの思いや、南米での政治不安による悲劇を歌った曲とか、聞き込むごとに深みがあります。
彼の歌をきくと、今の自分はどうなんだと自問してしまったり。

最近新作聞かないけど、どうしてるんだろ?
0



2005/12/20  17:31

投稿者:へびG

> Willie Colon との共作アルバム
Hector Laborに捧ぐって曲がはいってるやつかな?あれいいよ。
のっけのトロンボーンがmuy sentimientoなの。

Los Lobosと共演なんていいね。
チカーノ&ラティーノか。

http://hello.ap.teacup.com/kerokeropeace/

2005/12/20  12:45

投稿者:iKO

これもいいアルバムやね。
でも、この前後だよね、自分の名前はブラデスではなくブレイズだと言い出したのは。

それはともかく、10年ほど前に Willie Colon との共作アルバムを出したんだよね。往年を知るものには涙無しでは聴けないアルバム。
でも、競演は2曲だけだった。
ま、彼に逃げられたおかげで、Colonも歌で成功したようなもんだしな。


一応、元気してるみたいよ。
この前Los Lobos のアルバムで歌ってたし。これはそのうちあそこで紹介するつもりだが。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ