2011/12/9

ジョン  音楽

まためぐってきたジョンの命日。

あの日は大学生協でなにか買い物をしているときでした。
生協の職員が臨時ニュースを聞いて叫んでいたっけなぁ。
中核派にとってもジョンは大事な存在であったのだ。

3年ほど前に初めて訪ねたNY。
仕事だったけど、空いた時間をみて近くだったセントラルパークを歩き、ここを訪ねました。

クリックすると元のサイズで表示します

9月11日だったこともあってか、いろんな人たちが祈りを捧げていたっけ。

ダコタハウスも見てきた。
クリックすると元のサイズで表示します

もうあの日は帰らないけど、ジョンは今もみなのなかに生きているんだね。



1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ