2005/11/29

アイランダー2005  音楽

タイトルだけをきくとハワイのなんとか選手権みたいだけど、実は毎年池袋サンシャインで全国の島々が集うPRイベントがあるんです。

昨年につづき私はギターを持って小笠原島のお手伝いに参加しました。


小笠原の歌と踊りをミニステージなどで披露。
ほんわかした音楽とフラがなんともいえない雰囲気をかもし出します。

狭い会場のなかで大音量の音楽はちょっとお客さんにもしんどいものですが、スカスカの音でだらだらせまる私たちの音に、けっこう癒された人もいたんではないか、と勝手に想像しています。

普通の音楽なら

前奏→テーマ→サビ→間奏→後テーマ→エンディング

など、定型パターンがあるんですが、

小笠原の歌は唐突です。

いきなりはいるかと思ったら、いきなり終わっちゃったり。
でもって、フラを見せること前提に考えるから、音楽はその都度変ったり、歌い手によって構成違ったりやら、なにやら。
やっぱし島のてきとうなところっていうか、まーなんでもいいじゃない、っていういい加減さ、もとい良い加減があります。

今回は南洋風にメンフィス風味とクロンチョンスパイスを加えた、ニュー小笠原民謡になった(かどうか)のでした。
あー、めでたし、めでたし
0



2005/11/30  10:02

投稿者:へびG

和太鼓とフラを融合した沖縄もあったしね。

うーん、河内音頭カリプソ・フラ!

http://hello.ap.teacup.com/kerokeropeace/

2005/11/29  23:48

投稿者:momongaz

アロハよりイロハか...
次は、何処までフラで許されるかを突き詰めましょうね:)

2005/11/29  18:52

投稿者:へびG

ならでは、ならでは(笑)

何事もイロハは大事ですが、アロハもね。
なんのこっちゃ

http://hello.ap.teacup.com/kerokeropeace/

2005/11/29  17:46

投稿者:iKO

ライブならではでしょ?
まあ、何事もアロハだから。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ