2011/9/29

ピースとの日々  コーギー

そういえば最近音楽のことばかり書いてしまいましたが、我が家のピースは相変わらずです。






はい、相変わらず。






なにが?




いつもとかわんない。




って思っているうちはまだ日常のなかでピースが平穏に暮らしていけているからなんでしょう。


9歳なかばをすぎ、すこしづつ老いはせまってくるピースなんですが。


朝からばくばくご飯をたべ、狂喜しながら散歩にいき、サッカーやフリスビーで遊び、家へ帰ってもボール遊びをせがんでくる。


無視すると体に鼻をつきつけて、要求をするピース。


前より白いものが目立ってきたけど、体のハリもしっかりしているし。
でもこないだトロ姉さんがひさびさの長い散歩に連れていった日は、かなり疲れたらしく、部屋でひっくりかえったまま爆睡しつつ、大きないびきをかいてました。

子供のころは2時間くらい平気だったけど、さすがにね。
うちにきたころ3ヶ月から3歳くらいまでは、それこそ変化の毎日というか。
いろんなことが次々と起こりました。

あぶなく車にひかれそうになったこともあるし、数日嘔吐が続いたりなどなど。

2年前に体調が激変したときはどうなるかと思いましたが、回復後はいたって快調。
ただ寒くなってくると腰のヘルニア再発が心配ではありますが。


今日も朝から元気にご飯とウ●チ。散歩にボール遊びとニコニコしながら過ごしているピースです。


平穏だ、ってことが一番ピースにはいいことなんだからね。

クリックすると元のサイズで表示します
2



2011/9/30  22:06

投稿者:へびG

>そばさん、たしpさん
もちろんそばさんのワンコたち、たしpさんのワンコも幸せですよね!

飼い主と一緒にいられて、ごはんをちゃんともらえて、一緒に遊んであげられる、散歩にいく、それで十分なんです。

でも福島原発事故のおかげでその幸せを一瞬で奪われてしまったワンコやニャンコ、家畜たちがいます。

その大半は餓死してしまいましたが、今もなお立ち入り禁止区域のなかで必死に生きている動物たちがいます。

しかし政府やマスコミはそれを事実として伝えようとしません。
ボランティアの人たち、有志がゲリラ的に助ける手立てを講じてやっと生き延びているワンコたちがいます。

僕らはけして彼らのことを忘れてはいけないと思います。こうして幸せに暮らしている陰で、一寸先闇のなかで生きるか死ぬかの瀬戸際にいる動物たちを。。。
僕もなんとか支援するよう努力するつもり。

2011/9/30  16:40

投稿者:たしp

ピースくんにとっては、平凡で平穏な毎日が一番じゃないですか。
それに、いっしょに旅行も行けたし、遊んでくれる人もいるし、幸せな犬生なんじゃないですか〜〜〜^^

2011/9/30  15:04

投稿者:そば

ピースくーーん(゚∀゚)
トロ姉〜(#^.^#)
ついでだけど・・・
へびG・・・・・・・・・・・・・・・・・(;一_一)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ