2005/10/21

対自核  音楽

クリックすると元のサイズで表示します

「対自核」。。。。すごいタイトルです(汗)
オリジナルは「Look at yourself」
歌詞の内容より、当時のヘヴィロック(というジャンルだったと思う)の重量感というものをイメージとして伝えるには最適な造語ではないでしょうか。
このごろは洋楽も邦楽も違いがわかんないくらいカタカナ、記号の氾濫ですが、当時の洋楽宣伝担当者はこんなタイトルに命をかけてたんですよね。うーん、それにしてもこれは名題!
それにくらべれば今の洋楽担当者はずいぶん楽をしてないか?
っていうかどこぞの会社のようにセキュアCDだのほざいて、リスナーをまったく無視しているし。そんなことより他にやることあるだろー。


ともかくユーライア・ヒープの3枚目、代表作です。

ハモンドとワウギター、ファルセットのハーモニーが一体となったバンドサウンドは、この作品で確立され、日本でも大人気でした。

リイッシュー盤にはシングルバージョンや未発表テイク、当時のエピソード、各国のジャケ写真などがはいって、とってもお買い得。
輸入版しかないですが、LPからの買いなおしとしては絶対お薦めです。

鏡のついたジャケットをみて「look at yourself」なんていわれるととってもベタなかんじがしますが、ジャケットをぐにゃぐにゃさせてみる自分を見て、そこには70年代、中学生当時の自分が。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ