2011/2/19

セルマーのギター  音楽

ジェフ・ベックがルーツ回帰のようなライブをやったことに刺激をうけたわけではないのだけど、最近iPodにいれてるのがジャンゴ・ラインハルト。

50年以上前の音楽だけど、いつ聴いても新しい。
ギターのエッセンスがしっかりと詰まっていて、当時としてはとっても斬新なギターだったでしょうね。
フレージング、コード奏法、リズム感覚、ひとつひとつの音の表情など勉強になることばかり。

でも彼は火事で負った火傷が原因で、左手の薬指、小指が使えなくなったのに、残りの指だけであの演奏を残しているのだから、5本しっかり使える私などはまったく情けなくなりますね。

彼が使っていたギターがセルマー・ギター
セルマー=サックスという印象が強いですが、30年代にギターを製作していたんですね。
せめてギターくらいは同じものを、と思っても今はすっかり希少価値で高価な模様。

楽器屋にたちよってこのギターがあったらやっぱり試奏したくなるだろうなぁ。。。

3



2011/2/20  20:08

投稿者:へびG

>p〜さん
いいものはいつまでもいいもんです。
ジプシーの音楽は東洋の我々にも通ずるものがあるんでしょう。

>momongazさん
2本でできることはできるもんですね。
ジャンゴの通によるとこのギターはサステインが効いて、ブリッジあたりのアタックのきれがよく、弦は比較的テンションが柔らかいため、チョーキングもしやすいようです。

あの独特のサウンドはマーチンやギブソンではでない音。3万円くらいのレプリカもでているようだけど、どうしようかなぁ。

2011/2/20  10:22

投稿者:momongaz

ほぼ2本ですごいね。フレイズもすごい。チョーキングまで入っている。
かっこいいな、これ。
こりゃたまげた!

2011/2/20  1:52

投稿者:p〜

あー、ステキな音楽だな〜。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ