2010/12/13

北村大沢楽隊 日本最後のジンタ!  音楽

今まで知らずにいたのが悔やまれます。

宮城県石巻の北村大沢地区に今も残る日本最後のジンタ。



すでにいろんなメディアでも取り上げられ、CD!まで出しているんです。

http://ironbridge.exblog.jp/i76/

たまたまつけたテレビ(NHK教育)で彼らのドキュメンタリーをやっていて、思わずひきこまれてしまいました。

http://www.nhk.or.jp/etv21c/backnum/index.html



演奏するのはジンタという音楽で、昔はどこの町や村でも行事のとき、お祭りのときなどに駆り出される地元の楽隊があったものなんだそうです。

それが時代とともに次第に消えていきながら、今チンドンに形をかえてなんとか受け継がれていて、町や村にある地元民による楽隊というのは、日本ではここ北村大沢地区にのこる5名の楽団のみなんだそうですね。



とにかくその演奏をひとことで表すなら





「へたくそ」







これ以外になんと表現すればいいのでしょう。

リーダのクラリネットはまったくもって音程とれてないし、大太鼓は耳も遠くなってリズムが完全に外れているし、ラッパはスカスカした音のなかにたまにヒットして音程らしく聞こえるときがあったり、もうそんなんです。



でもね、あの空気感というか地元の文化や生活に長い間根ざしてきた人のあたたかみというのでしょうか、それがなんともいえない郷愁を感じる音楽です。

演奏する曲もジンタを代表する「美しき天然」(サーカスやパチンコ開店の定番音楽といえばわかるでしょう)や、戦前から受け継がれる音頭や唱歌などなど。

「あと一人いなくなったらバンザイさ」という通り、もうこの楽団の跡を継ぐ人はいないようです。

ドキュメンタリを記録している間にもラッパの方が脳梗塞で入院したり、結成90周年を祝う祝賀会の場でMCしながら自分のクラを落っことしたり、リーダーのクラの方が演奏中に倒れたり、ともう見ていてハラハラドキドキ。



でもあの田園風景、地元総出で応援する小学校の運動会など都会ではけしてみられない風景にみごとに調和したあの調子はずれな音楽。

演奏がおわったあと、メンバーがジンギスカン(!)を囲みながら一杯やる風景。「これがなにより楽しい」というあの笑顔。

本当にいとおしい音楽に出会えた喜びを感じます。




まだ御存知ない方はぜひNHK教育の再放送予定をチェックしてみてください。
(あるのかな?)


Youtubeに彼らの演奏がいくつかアップされていますが、こうしたステージで演奏されるのは魅力半減ではないかな。




町中で、風にあたりながらその風景と音が一体となることにこそ、ジンタの魅力があるように思うし、一番似合っている。

(ジンタは昔は行進しながら演奏することが多かったのだけど、彼らはもう足腰が弱くてそれは不可能。)

彼らが演奏できなくなったその日から、日本からジンタは永遠になくなってしまうんですよ。

そうしたらあの町にある音風景のひとつがなくなってしまうんですね。運動会やお祭りといった節目節目に聞こえてくる音(聞くという能動的なもんではなく、あくまで受け身)、子供たちの成長や旅立ち、出会い、別れを何十年も見守り続けてきた音が消えてしまうんです。

この番組を見て篠田昌巳を思い出しました。
こうしたジンタやチンドンを知るきっかけになったのは他でもない篠田昌巳です。

ほぼ同年代の彼は生活向上委員会に始まり、じゃがたらなど日本のジャズ、ロックのなかでも周縁部ともいえるところで存在感を増し、けしてメインストリームに迎合しない独自の音楽を作っていた人。 自らサックスを吹きながらチンドンに参加、こうした音楽をわれわれに再発見させてくれました。
Compostelaというユニットではチンドンからクレズマー、などを見事に消化し、話題となりました。

しかし、彼はなんと若干34歳という若さでなくなってしまいました。



Compostela

クリックすると元のサイズで表示します


このアルバムは当時、トロ姉さんが僕の誕生日プレゼントにくれた一枚です。

ジンタのことを思い出したらこれが聞きたくなりました。



再発されているようなので、ぜひこちらもご鑑賞あれ。


0



2010/12/15  12:30

投稿者:へびG

>Daddy♪さん
笑っちゃいますよね(笑)

明治時代はどこの町や村でもあったそうですが、こうしてひとつだけになると希少価値がまして注目されてしまうのはしかたないですね。

おじいさんたちも張り合いができて、長生きされるのではないかな?

2010/12/14  10:47

投稿者:Daddy♪

聴いてて思わず・・・・・笑っちゃいました。(^。^)

なんか昭和レトロ感というか、文明開化の音みたいですね。(笑)


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ