2005/8/30

シカゴ アット・カーネーギーホール  音楽

このアルバムが出たときはLP4枚組みで7800円!
中学生には買えなかった(涙)

クリックすると元のサイズで表示します

今回CDで4in3になって未発表ディスク1枚の計4枚組、さらにオリジナルブックレットやらポスターやらがどんと入って当時の半額近い値段とは、なんとお買い得なことでしょう(涙2)

日本だけで発売されたライブインジャパンに比べて、段違いに音もいいし、演奏ののりも最高。
もちろん日本版のほうは大阪弁でしゃべるメンバーや、歌詞が日本語だったりという特典?もあるんだけど、やっぱし初期シカゴのベストライブはこのカーネギーホールにつきる!

日和見バンド、またの名を風見鶏バンドと揶揄する人もある。
確かにテリー・キャスの死後、バンドの方向性は大きく変った。
正直僕も彼らの方向転換にはついていけなかったし、シカゴはXで終わったと思っていた。
でも、彼らもリスナーのトレンドをしっかりとらえていた、と考えれば納得のいく過程だったな、と思う。
反戦を歌った彼らもリスナーも今はすっかりいいおやじどもなのだし。

そのテリー・キャスのギターはこのライブである種、頂点だった。
メンバーのなかで一番ロックな奴。
死に方もロックな奴。



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ