2009/12/22

まだあったか登戸研究所  雑記

僕の出身校の校舎のなかに、化学や生物化学などの基礎実験を演習する建物があって、それはそれは当時(80年前後)でも「こりゃ、屯田兵の家か?」ってくらい十分に古さを感じさせる建物でした。

それがまだ取り壊されずに残っていたとはしらなんだ。

その建物は戦時中、陸軍の実験施設として使われていたところで「陸軍登戸研究所」というのが正式名称だったそうです。

そこがいよいよ取り壊されることになるそうです。
記事はこちら↓
http://www.news.janjan.jp/living/0912/0912214646/1.php

建物そのものからはそこで何があったのかは知る由もありませんが、学生当時、戦前はここで生体実験がおこなわれていて、近くの学校の建設時に人骨がでてきた、とかキャンパス内の慰霊碑は人を祭ってある、とかいろんなうわさが流れていたものです。

でも実際のところはどうなのか、資料の大半が戦後意図的に焼却されたらしく、事実関係を確認するすべはほとんどありません。
かの帝銀事件の鍵をにぎっていたともいわれるこの研究所、真実があきらかになる日はくるんでしょうか。。。

しかし、学生当時の校舎もそうだけど学食やクラブの部室など、悲惨なくらいにボロかった。

今ではどこの学食もファミレス以上に工夫を凝らしたおいしいそうなご飯を食べられますが、当時の学食はまるで「飯場」のような食堂。

残り野菜やかす肉を煮込んだような「サッポロスープ」70円とごはんにキャベツ千切りとコロッケが一個のったB定食200円のセットがけっこう贅沢な組み合わせだったりしました。
一番豪華と思われる「ビフテキ定食」380円にいたってはまるでゴムぞうりのような強靭な肉と対峙せなばなりませんでした。それでも食っている学生は「リッチ!」と羨望のまなざしが注がれたのもです。

いまどきの学食は寿司はもちろん、懐石風や本格的なエスニック料理までなんでもあるそうですね。
マイミクのTOMOさんの学食スナップ(マイミク限定公開ですが)をみるとそれがよくわかります。

当時使われていた肉はもっぱら農学部の動物実験後の肉を使っているのでは、という噂が流れていたものです。それくらい質の悪い肉。
(その肉を大量に仕入れて鍋にして食べていたのは他でもない、我々ジャズ研の人たちですが。おかげさまでよくお腹をこわしました)

残飯は食堂の脇を動くベルトコンベアのうえに捨てて、自動的にバケツに放り込まれるシステム。

食堂のおばちゃんに体を売って昼飯代を浮かせていたという輩がいたとかいないとか。。。。ま、それはうそだろうけど。
美味いとか関係なく、単に空腹を満たすだけのためにあるのが「学食」(注)というものでしたね。


それはともかく、学生時代の思い出の建物がまもなく消えるというお話でした。

(注)当時も学校間経済格差から来る学食の良し悪しは当然ありました。我々のような底辺の大学とは違い、お嬢様系大学などとは雲泥の差があったのは確か。ジャズ研の演奏活動で他大学、なかでも女子短大等へ出向くときの楽しみのひとつがそうした学食で味わうことのできる華麗耽美なお食事でもあったのです。
ただのカレーライスですら、食器やプレートにいたるまで無骨な田舎大学にはない上品さを感じたものです。
さらに理工系大学に当時は皆無に等しい「女子学生」という人種と接する貴重な機会であるとともに、そうした「臭い」と「味」を同時に楽しむ唯一の機会ともいえたでしょう。


0
タグ: 日記



2010/1/18  10:02

投稿者:へびG

>TOMOさん
私が学生当時、そうした噂をしていた人がいたような、いないような。記憶があいまいです。
でも今後解体される実験室もそうですが、もうひとつ解体されずに残る実験室があり、そちらは戦時中では珍しい強固なコンクリートでできています。
壁はやたら厚いかわりに、天井が高く、薄い構造らしいです。
ここは毒ガスや爆発物を研究していたとかで、万が一実験中に爆発がおきても、天井へ抜けるような構造になっているのだ、という話を聞いたことがあります。

人体実験があったのかどうか、なんの資料もないらしいですが、昔からその噂が絶えず、人骨が本当にでてきたのかどうかも定かではありません。
でもそういう噂がずっと今も引きずって「幽霊」がでてきてもおかしくないですね。

http://hello.ap.teacup.com/kerokeropeace/

2010/1/17  14:31

投稿者:TOMO

生田の研究室では、夜、幽霊が出ると学生さんが言っているそうですが、本当なんでしょうか?

2009/12/24  9:57

投稿者:へびG

>たしぴ^さん
やっぱそうすか。
だいだい「学食は不味い」が合言葉のように語られますね。
当時、学食で働いていた人も「これはうまいよ!」なんて勧めたためしもないし。
小学校はもうずいぶんと様変わりしましたね!
うちで飼っていた犬のところには給食で残したコッペパンの山が積まれていて、隠しきれないものは穴ほって埋めてましたな、ワンコ。
ご近所からも差し入れがあったようです。

2009/12/23  21:42

投稿者:たしぴ^

ウチの学食もひどかった〜。
作っている側に「味覚」ってものが存在していないような味付け。
カレーなんて、不味くなりようがないはずなのに、即死級にまじ〜。
当時の学食はどこも似たようなもんだったんですね〜。

今、小学校の給食なんてスゴイですよ!
メニューを見ていると「舌平目のムニエル」だとか「ホホ肉の煮込み」だとか牛丼まで出る!

時代っスね〜。




2009/12/23  21:07

投稿者:へびG

>TOMOさん
残念ながらそのたぐいは味わうチャンスを逸しましたが、食べた連中によるとウマに近いとか。

和泉あたりの食事処は残念ながら記憶が定かではございません。紫紺館も食べてなかったかもなぁ。。

>momogazさん
キリンとかゾウとかでかいのは食べがいがありそうですな(笑)

ここで誤った情報に伝わるといけませんので、念のためですがこうした動物達は実験のために殺されたわけではなく、動物園などで老衰や病死をした動物を解剖学という分野の勉強のために使ったあとの肉、ということでございます。
解剖が終わった動物は骨格標本となり動物園などに寄付されていたようです。

けして食べることを目的として解剖したりはしませんのであしからず。

http://hello.ap.teacup.com/kerokeropeace/

2009/12/23  18:16

投稿者:momongaz

そういえば、麻布獣医では当時、きりんも手に入ったそうな(^^ゞ

2009/12/23  14:58

投稿者:TOMO

>当時は鶏、牛のほかたまにウマはもちろんシマウマ、ライオンなどという希少動物が手に入りました。
えっ、ライオン???どんな味なんですか?
和泉校舎近くの喫茶店のカレー(辛口)は私の大好物でした。
時間がないときには、駅近くのお蕎麦屋さんでした。
紫紺館でお食事したことはありますか?

2009/12/23  13:05

投稿者:へびG

コメントいただいた方のうち3名が同窓ということになりましたね。
>momongazさん
そういえばそうでしたね。なんで空手部と共有だったのでしょう?
「おしげ食堂」もそうですがうちのクラブは定演パンフの広告取りのためもあって「みやこ食堂」をよく利用していました。
たまに「宿場」と。
いまもあるのかな?

>kusanoさん
そうなんです。理工系なもんで。
駿河台は全然ランク上でしたよ。
たまにバイトや本校に用事があるときは「師弟食堂」利用させていただきました。
外部の人も利用できたらか、多少は品質も考えていたのかもしれないですね。

>スージーさん
おおむね学食というのは「資質剛健」というか、味よりも量と価格というのがスタンダードでしたもの。
100円カレーなんて想像つきますね(笑)
うちのカレーは野菜はそこそこ、肉は硬くて噛み切れないけど170円くらいだったかな?

>TOMOさん
あのバブリーな建物になってから学食も様変わりしたのですね。
和泉校舎で食べたことはないんですが、あの周辺の食堂や飲み屋は充実してましたね。

今、動物実験の肉を食べろといわれても遠慮しますが、当時は鶏、牛のほかたまにウマはもちろんシマウマ、ライオンなどという希少動物が手に入りました。


http://hello.ap.teacup.com/kerokeropeace/

2009/12/23  12:46

投稿者:TOMO

リバティが建てられてから、学食メニューが充実したのでは・・・と思っております。
また17階に学食があるので、材料を上に運ぶ分、お値段も上がってしまったような気がします。
生田に行ったことはありませんが、和泉校舎と比較してもやはり駿河台校舎はいろいろな面で恵まれていると思います。

それにしても動物実験後のお肉を食べていたとは。。。。。。。

2009/12/23  12:33

投稿者:スージー

その建物見たかったな〜。
学食はワタシの大学もしょぼかったです。
100円くらいの具無しカレーばかりたべてたな〜。

http://suzygwa.blog.so-net.ne.jp/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ