2009/10/25

ワンコとヒト  コーギー

またワンコの話で恐縮です。

こないだ病院にピースを連れていったときのことです。
待合室で先生とお話をされているご夫婦がいました。
どうやら飼われていたワンコが治療の甲斐なく亡くなったようなのです。

聞き耳をたてていたわけではないので、詳細はわかりませんが、どうやら入院させている間に、息を引き取ったようでした。
そのときにどうもご自宅の時計がその時間をしめしたまま止まっていたとか、ご主人が出張中だったらしく、旅先で同じころに急に虹がかかっていて、とてもきれいだったとか、そんなお話だったと思います。

本当に大事にされていたんでしょうね。亡くなったワンコもきっと幸せだったのではないでしょうか。
そんな幸せなワンコがいる一方、毎年にように身勝手な飼い主の犠牲になるワンコが何十万といる、という現実は本当に許しがたいことです。



僕も2度ほど仕事でこのような施設にいったことがありますが、事情が許すならこのなかの一匹でもいいからつれて帰りたい気持ちになりました。
特に辛いのはあと1日しか余命のないワンコたちです。
こうした施設に収容されたワンコは1日ごとに部屋が移され、あと1日となったワンコは運命を悟ったかのように、本当に絶望のふちにたたされているような表情をしているんです。

ワンコはペットショップで衝動買いをするようなモノではないこと、親も子供もきちんと教育を受けるような社会であり、また悪徳業者がのさばるようなペットビジネスも早く消えうせてほしいものです。

さて、元気になってきたピースですが、どういうわけかこれまでの足の湿疹も消えてきました。
トロ姉さんが最近ご執心のノニ療法が効いてきたのでしょうか?

患部にノニの原液を薄くぬるのと、彼女がはまっているビアビエンテという健康飲料を少量まぜたヨーグルトを食べさせているんです。

抵抗力や免疫力がついてきたのは、こうした天然食材の力もあるのかもしれませんが、実際のところどうなんでしょうね?

1



2009/10/28  9:47

投稿者:へびG

>カロンタンのエサ係さん
飼い主さんがその話をされているとき、先生が海外のあるお話として「飼い犬が亡くなるとその犬は虹の国で飼い主を待っている」という言い伝えをお話されていました。
ワンコやニャンコを飼っている人、みんなが愛情と責任を持って面倒をみてげられる世の中になればいいですね。

ああいう施設は誰だっていやですが、全然気にならないんでしょうね、平気で捨てたり、放棄する輩は。

2009/10/27  20:50

投稿者:カロンタンのエサ係

待合室のご夫婦の話、しみます。物語というのは、そういうところから生まれるのだと思います。
施設はつらい。行ったことはないですが、行く自信がありません。

ピースはよかった。ノニのいうのにも興味があります。




http://blog.goo.ne.jp/quarante_ans/

2009/10/26  13:25

投稿者:へびG

>たしぴ〜さん
そうですよ、バカ親を作ったのもこの社会なんだから、これからの子供たちへの教育は本当に大切ですね。

ショップで買い求める連中も、どこか一般の消費財と一緒にされていますね。
本当に後のことは全然考えていない。
きちんとトレーニングもしないから手に負えなくなったり、大きくなって「可愛くない」から手放すとか。。。もうバカさ加減の枚挙にいとまがない。

2009/10/26  11:16

投稿者:たしぴ〜

長くなっちゃうから書かないけど、
命ある動物でさえ、自分を飾るアイテムの一つと考えたり、
ペットショップで売っている子犬を見て、ただただカワイイから買う。っていうその後の長きにわたって一緒に暮らすっていう重い決意みたいなものが全く感じられない。
だから、思うように育たなかったり、面倒くさくなったりすると、あっさり「飼えません」って、保健所に持ってっちゃうバカ飼い主が増えてる気がする。

自分の子供に対してださえ、放棄しちゃうようなバカ親が増えている現代。
子共に対する人間教育が大切なんだと思います。

2009/10/26  10:00

投稿者:へびG

>konamama♪♪さん
いつみてもこうした映像は辛いですね。
ペットを飼おうと考える前に、一度でもいいからこうした施設を訪ねるのは親や子にとっても有意義ではないでしょうか。

老犬の介護も、本当に飼い主にとっても辛く、負担のかかることですよね。
長生きする犬が増える一方で、人間同様に老いという問題は重くのしかかってきます。
ピースもできるだけ最期まで幸せに生きていけるよう、我々も努力しなくてはいけません。

>Demmieさん
そうでしたね!里親さがしでもらってきたんでしたね。
その後、すこやかに育ってますか?

見た目や値段でワンコやニャンコの価値をきめるような風潮もおかしいですね。
できれば店頭で生体を販売する手法もやめてもらいたいと思います。
ペットショップが積極的に里親探しにかかわるようになるべきですね。

2009/10/26  8:07

投稿者:Demmie

本当にそうだよね.
うちも先日「里親さがし」で,猫を一匹もらってきて飼ってます.
可愛いのは,10万の猫もタダの猫もいっしょよ.

2009/10/25  23:24

投稿者:konamama♪♪

辛すぎますね、この映像。まだ子犬もいるのに。

一方で先日、20歳の柴犬を介護してる方の話しを聞きました。目も見えず耳も聞こえず、寝たきりでおむつ、痴呆なので始終、何か食べたがり便が出せずに遠吠えするので、夜中でも暖かいタオルでマッサージしたり寝返りさせたり、とか・・・自分に出来るかな、と不安も正直な所、感じましたが、やるっきゃないですよね。
ピースちゃん、良かったですね♪
ピース

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ