2009/7/3

マイコー、最期のステージ  音楽

あまりにあっけなく死んでしまったキング・オブ・ポップ、Michael。

70年代から80年代にかけて絶頂期だった彼も、作品のトーンがどんどん暗くなっていったような気がします。
周りのごたごたが続くなかで、彼はネバーランドのなかでどんなフラストレーションを抱えていたのでしょうね。

ネット上に実現しなかった最期のライブのリハ風景がアップされています。

http://www.tmz.com/videos?autoplay=true&mediaKey=b7911d45-f951-452a-8499-2aefc9c43442

これを見る限り、死を直前にした姿とは想像できません。もしロンドン公演が実現していれば、どんな素晴らしいステージになっていたのでしょう。

このリハーサルは将来商品化されることがあるのか?
またジャクソンファミリーによる追悼公演があるのかどうか、などまだまだ彼の周辺から目が離せなさそう。

2



2009/7/6  12:18

投稿者:へびG

>Cottonwoodhillさん
そうですね、いつも顔を隠す彼しかみていませんね。
整形を繰り返した彼の心はずっと暗闇のなかだったのでしょうか。


2009/7/6  0:18

投稿者:Cottonwoodhill

マスクやサングラスに覆われていない素顔を久しぶりに見た気がします。

http://cottonwoodhill.blog21.fc2.com/

2009/7/4  11:49

投稿者:へびG

>momongazさん
ホント、常人には耐えられないくらいの注目を浴びる人ですからね。
ストレスなんて比じゃないでしょうね。
名誉もお金も返ってないほうがまし、なんてのは貧乏人の僻みですな(泣)

>マイぴ〜さん
おお、ソウルトレイン!
深夜放送枠で見ておりました。
このころはマイケルもまだ黒人社会のなかのスターという位置でしたものね。
声変わりの時期を越えたあたりから、本人含め周りの影響、社会の影響を受けていったのでしょうか。

でもほんとに父親に対する憎悪はすごいものがあったのでしょうね。あの遺書が本物なら。

http://hello.ap.teacup.com/kerokeropeace/

2009/7/3  23:09

投稿者:マイぴ〜

ホントに最後の映像ですね。
スーパースターになるにしたがい、どんどん背負うものが大きくなり、曲もメッセージ性の強いものや、暗いものが多くなっていった気がします。

http://www.youtube.com/watch?v=SogvtTPpM60

ドン・コーネリアスのインタビューに答えるマイケルはスーパースターを夢見、まっしぐらのいい時代だったんだろうと思います。

ほんとに残念。



オマケ
http://www.youtube.com/watch?v=dMHmvWS-ryo&eurl=http%3A%2F%2Fmixi%2Ejp%2Fview%5Fdiary%2Epl%3Fid%3D1207975537%26owner%5Fid%3D465226%26comment%5Fcount%3D23&feature=player_embedded

2009/7/3  18:18

投稿者:momongaz

リハの映像は久々に元気な姿を見たって感じ。
...なんかね、ずーっと普通じゃない世界、特別な世界、裏表の激しい世界に居て疲れていたんだろうね。普通の神経じゃ耐えられないほど。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ