2007/10/16

トムヤンスの味わい深い作品  音楽



ひさびさの音楽のことで。

トム・ヤンスのコロムビアでの76年発売第一弾。
9月に紙ジャケで再発されて購入しましたが、これがなかなかいいんだ。

ちょっと内省的な歌詞と、70年代らしい哀愁のあるメロディ。
AORへの移行期ともいえるアレンジですが、なにしろミュージシャンが豪華。


David Lindley (Guitar)
Chuck Rainey (Bass)
Jesse Ed Davis (Guitar)
Lowell George (Guitar)
Jim Keltner (Drums)
Colin Cameron ( Piano, Guitar, Bass)
Harvey Mason, Sr. ( Drums )
Jerry McGee (Guitar)
Jeff Porcaro (Drums)
Bill Payne (Piano)
Fred Tackett (Guitar)
Mike Utley (Guitar,Organ )
Herb Pedersen (Vocals)
Sam Clayton (Conga)
Lovely Hardy (Vocals)
Valerie Carter (Vocals)

プロデューサーがロウエル・ジョージということもあって、全体としてリトル・フィート色も強いのが特徴です。

寡作だったトム・ヤンスはオートバイの事故の後遺症で84年に亡くなりましたが、彼の作品をカバーしているミュージシャンも多いようです。

テキサスのお転婆娘Dixie ChicksもLoving Armsをリバイバルヒットさせました。

陰影のあるジャケットもいいね。



2
タグ: SSW ロック



2007/10/18  7:47

投稿者:へびG

>Cottonwoodhillさん
このCD再発はCottonwoodhillさんのサイトで知りました。
しばらくして店頭であらためて視聴してみて、気に入ったんですよ。

豪華な演奏だけではない、彼の味のある歌声、メロディは聞き飽きることはないです。
いい音楽でした。

http://hello.ap.teacup.com/kerokeropeace/

2007/10/17  20:34

投稿者:Cottonwoodhill

自分のブログで発売の報こそ、取り上げましたが肝心の音楽の中身は私は知らんのです。ですが、記事をみる限り、なかなかよさそうですね。今度購入を検討してみます。

http://cottonwoodhill.blog21.fc2.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ