2006/12/28

核という存在  

最近、ノーベル賞候補だからってわけではないけど、村上春樹の本をまとめ読みしてます。
昔アルバイトしていた神保町のジャズ喫茶のウェイトレスだった人が彼の奥さんだってきいたのは随分あとになってからですが、音楽や映画への造詣はもしかしたら、このジャズ喫茶が重要だったりして、って想像しちゃうと楽しくなります。

で、春樹じゃなくてちょっとヘビーな本を一気読みました。

クリックすると元のサイズで表示します

「朽ちていった命―被曝治療83日間の記録」

これは東海村の核燃料加工施設でおきた臨界事故についてのドキュメントです。

まだ読んでない方、お勧めします。

核とか放射能とか、原発とかってなんかわかったような気がしていながら、よくわかってないんですよね
特にそれが人体にどんな影響を与えるのか、ということが。

この本では被害者の治療にあたった医療現場の取材によって、放射能被害の影響を鮮烈なまでにあぶりだしています。

負けの見えている戦いに望んだ医師、看護婦たちの苦闘と苦悩、一縷の望みをもすてない家族たちの愛情、さらに「モルモットではない!」と叫ぶ被害者の大内さんの姿をみごとにとらえています

読んでいるうちに息苦しさを覚えるくらい、放射能の怖さが伝わってきます。
人間には到底太刀打ちできない、暴走する放射線被害。
この前には我々は結局無力でしかない。

この本では核の是非とか、原発の是非を問うているわけではありません
しかし人間一人の命、というなにごとにも代えがたい尊い存在を通して、我々に問題提起をしていることは明らかです。
ひいては人とはなにか、命とはなにか、という根源に対する問いかけ。

唯一の被爆国、というキャッチが日本にはついてまわりますが、チェルノブイリを初め、アメリカやビキニ環礁、その他世界では核兵器、原発による被害者は数多く存在していることを忘れてはいけないですね。

そしてその人たちにどういう惨事がおきているのか、おこっていたのか、もう一度広島、長崎をふくめ、自分の問題として考えていかなければいけない時代になっているんだってことも。

シンゾー君とかナカガワ君とかに、ぜひ読んでほしい!
大内さんの死を無駄にしないために、けして風化させてはならない事故であることは間違いない。


0



2006/12/29  12:39

投稿者:へびG

僕もけして愛読家とはいえません(^^;)

でも心にのこる本に出会える喜びは無くさないようにしたいです

2006/12/29  0:00

投稿者:レミ

本かぁ
余り読まないんだよね↓↓
でもこれをきっかけに読んでみようかな^-^

2006/12/28  23:20

投稿者:へびG

そうそう、そのドキュメントです。
本のほうはより医療現場でのデータをつみかさねて、なにがおきたのかを克明にえがいています
テレビとは違う緊迫感のあるものになっています。

広島は恥ずかしながらまだいったことがないんです。そんな改変されたんですか?

でも僕のまわりの外国人って必ず広島にいってるんですね。
なんかほっとするんですよ
ホーチミンにいったときも、ベトナム戦争の記念館に訪れていた大半が欧米人でした。
教育現場ってどこの国でも状況は似ているのかもしれませんね。
自主性が強いと思われる米国ですらそんなもんですもんね。

http://hello.ap.teacup.com/kerokeropeace/

2006/12/28  21:54

投稿者:rainy

あ、↑必要悪って書きましたが、違った「正義」だと教えられてるんでした。間違えた。

2006/12/28  21:43

投稿者:rainy

本は読んだことなかったですが、以前NHKで多分同じ方の話と思われる番組をやっていました。皮膚の再生の細胞がやられて、「治って」いかないんですよね。それどころかどんどん「朽ちて」行く…。リアルな映像もあって、本当に息苦しくなりました。でも、これが現実なんだとも。知るべき事実です。

原爆記念館は長崎と広島、両方行きましたが、あそこは日本人として、いや人類として行くべき所です。広島の展示について、これも以前、あまりにむごたらしいので女性の方に配慮してユルイ表現にしたという記事を読んだことがあったのですが、ほんとに何考えてるんだって、唖然としました。(変更前の)展示見たけど、きっと現実なんか表してないレベルですよ…。被爆された方に対して、逆に失礼と思いました。しかも女性に配慮って…どういうことなんでしょう…バカにすんなと思う。

話長くなりますが、原爆は落とした側は、徹底してあれは必要悪だったという教育をしています。原爆なくして日本は降伏しないつまり戦争が終わらないという理論。確かに、当時の日本も相当だけど、そういうなら、事実を知って欲しいと思います。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ