2006/11/18

TIMEが選んだアジア60年のヒーロー  音楽

TIMEに面白い記事があったので。
アジア60年、というからま、大戦後ですね、その60年に生きたヒーローたちが紹介されています

ジャンルは政治、経済、文化、スポーツそしてInspirations?っていうから、アジアに光をあてた人ってところですか。

その文化でとっても興味深い二人が紹介されています

ひとりはFarrokh Bulsara
もうひとりはNusrat Fateh Ali Khan

Farrokhときいてピンと来る人は…



…そう、熱心なQueennファンじゃないとね、フレディマーキュリーのことだなんで知らないでしょ。

彼は両親インド人だし、インド洋にうかぶザンジバル島で育っていて、その後ボンベイにある学校で音楽を習ったりしているんだから、イギリスで成功したとはいえ、もともとはインドがルーツだったんですよね。
そこで出会って影響をうけた一人が、なんとあのラタ・マンゲシュカールだったそうで、なんとなくだけど彼の独特のパフォーマンス、あくの強さみたいなのはインド映画からの影響もあるように思いません?

性の問題にしても、国籍にしてもほんとにボヘミアンな彼だからこそ、生まれたあのボヘミアン・ラプソディ。
名曲だーね。

そんでもってNusrat

僕も3回ほどコンサートいきましたが、ほんとぶっとびましたね。
天からの声というか、天へ導く声といのはあのような歌なんだな。



以前はパキスターンの現地カセットとかわんさか入手できたけど、最近はちょっとバイアスのかかった聞きやすいCDばかりで、ちょっと残念です。
ビクターのシリーズもいいけど、フランス・オコラのコンサート収録盤なんかかなりきてます。今は入手困難。

この人を聞いていてイスラムって全然わかんない世界だったのが、少しだけ近づいてきた気がしました。
同じ音楽を聴いて感動できるのは宗教は関係ない。
感動できないのはそこに恣意的なものがある●●学会とか●●教会とか、ああいうたぐい。北の温かみのない歌や踊りもそうだけど。
あれで人が感動するとしたらそれは「洗脳」

Nusuratをもっと知りたい方は、とりあえずこの↓サイトに詳しいのでご覧ください

http://www.beats21.com/ar/A01092603.html
http://www3.ocn.ne.jp/~zip2000/n-f-a-khan.htm

0



2006/11/19  18:50

投稿者:へびG

>ひまぱ〜んさん
へぇ〜 クィーンと北インド舞踊ですか
それもまた面白いですね
フレディの活動も生きていたらまた違ったことを始めていたかも…
まさに自分のルーツをたどるような舞台とか。

>ゆうちゃん@青島さん
インド人もびっくりしたのはなんでしたっけ?
レトルトカレー?
ま、インド人ではないけど両親がインドだから、国籍が違うってだけですか。
幼少の頃にしたしんだマンゲーシュカルの歌って、ぜったいインプリントされてると思うと、インドの側からみたクィーンの音楽もまたよろしいかと(笑)

http://hello.ap.teacup.com/kerokeropeace/

2006/11/18  22:55

投稿者:ゆうちゃん@青島

あのフレディがインド人なんですか!

(インド人もびっくりって何十年前のネタや )

世の中に知らない事ってまだまだ多いっすね!

2006/11/18  22:30

投稿者:ひまぱ〜ん

インド舞踊をはじめて以来、周囲には
インド好きが増える一方・・。

もともとはタイ行くときにエアーインディア利用から芽生えた興味程度だったのに。

世界の舞踊の殆どはインドにルーツありとの
説もあったりしますが、まさかまさか
フレディのルーツもインドだったとは・・。

何気にクイーンの学曲は北インドの振り付けに音が合うのが多いんです。
謎が解けました・・。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ