2006/10/3

The Best Of Linda Ronstadt  音楽

Lindaさん、高校時代のアイドルのような存在でした。

StonePoniesでデビュー後、ソロとなってからは破竹の勢いのようにヒットを飛ばし、浮名を流し、70年代は彼女の時代といっていいような黄金時代。

The Best Of Linda Ronstadt/Capitol Yearsとベスト盤のようですが、実際はソロデビュー作から3枚目までと、なぜか5枚目をカップリングして、未発表作がはいったお買い得な1枚。

なんで4枚目がスキップされたの?


それにしてもLindaさん、さすがに若いな〜。キュートです


クリックすると元のサイズで表示します

僕が彼女の作品を聞き出したのはASYLUMに移ってからの頃で、プロデューサーのPeter Asherとの名コンビで次々とヒット作をはなっていました。

ちょうどHeat Like A WheelからHasten Down the Windにかけて、高校のころは仲間うちで彼女のレコードを持っていないのはいなかったくらいの人気。
札幌のロック喫茶などでもがんがんかかっていたな。

このコンピはそれよりちょっと前、カントリーからよりポップな曲を歌い始めたころで、いろんなソングライタの作品を数多く取り上げています。
バックをつとめるのはEaglesの面々。

彼女の魅力はやっぱりあの歌の上手さ。
パンチのある曲でも、スローな曲でも、声のトーンや情感のこめかたがうまい。
他のミュージシャンのコーラスをやっても、彼女の声だけはいつも際立っていたから、そういう意味ではやっぱりソロ向きの人なんでしょう。


最新作ではまた先祖がえりのようにアメリカンルーツミュージックを取り上げています。こっちもかなり力のはいった作品。まだまだ現役としてバリバリやってます。

違いといえば体格だな(泣)



クリックすると元のサイズで表示します
0



2006/10/7  20:16

投稿者:へびG

たぬき顔!

そうそう、そういう顔ってあるな。
僕が好みのタイプもみんなそうなのかしらん?

http://hello.ap.teacup.com/kerokeropeace/

2006/10/6  20:44

投稿者:Cottonwoodhill

リンダ・ロンシュタッド、1970年代はよく聴いていましたよ。お気に入りの歌手でした。近年の作品は全く知りませんが、若い頃のタヌキ顔は日本人にも受けた顔でしたね。

http://cottonwoodhill.blog21.fc2.com/

2006/10/4  10:27

投稿者:へびG

今あのパンツをはかれても、どう評価していいものやら(汗)

確かにキャリアと商業的成功で彼女の存在感は高いものがありそうですね。
冨や名声を自分を育てた音楽へどう還元するか、という姿勢はさすがだ。

年齢的には刺抜き地蔵あたりをうろうろしていてもおかしくない人だけど、常に前向きなお姉さまでいてほしいものです。


http://hello.ap.teacup.com/kerokeropeace/

2006/10/4  9:19

投稿者:iKO

Capitolのベストは、まだ買ってないっす。Ann Savoy との新作は良いねえ。

プロデューサーとしてもたいしたものらしい。Aaron Neville は Linda のことを大恩人だと思っているようだし。

さすがにサテンのジョギパンは、無理っすね(^^;

2006/10/4  7:52

投稿者:momongaz

体格はね〜 仕方ない...
現役で居ることで満足しましょう。

Lindaといえばアメリカらしい、娘っこでしたからね〜、昔は。

http://blog.so-net.ne.jp/momongaz

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ