割烹ゐぬ乃

廃センスな品揃え“割烹ゐぬ乃”と 新潟在のスクータークラブthe“SIMI”のページ

 
      
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:いぬの
「門扉のレール」ナンゾでも
1条だと何も感じませんが
2条のものだと ちょっとゾクっときます
ただ軌道だけあればいい、車両も動力も不要
更にはレールがなくとも痕跡だけでもいい
ワタクシの「鉄」はそんな立ち位置なんですね

人力で十分というか
人力だからこそいい
というところであります

現物が門扉のレール程度のモノだとしても
それが延々と軌道を形成しているとなれば
こりゃもう琴線に触れるどこじゃない話です

いってみたいのであります

糸魚川に向かうなら
某大イベントを目指すのではなく
この軌道を目指してということになります
投稿者:や
いやいや、非常に興味深い物件ですね。
重力利用のヤードを考えなければ
人力は正しく究極ですね。

人力で事足りてしまうと言うことは
バタバタのエンヂンでも何とかなってしまうか?
もしかして発動機でも
等と妄想しております。
投稿者:いぬの
やさん どうもどうも
新潟というと この冬枯れの上に雪が載るワケですが
雪の無い地域の冬ってこんな感じなんですな

いすみ鉄道も 小湊鉄道も もし雪の積もる地域ナラ
存続はとうの昔に… でしょうね
1万円の運賃のために100万円はかけられないですものね

という面を踏まえて ありがたく拝見拝聴して参りました

ですが、やはりワタクシは廃側に惹かれるんですね
もったいない話ですが 目の前走るキハに
乗ってみようという気は起らなかったのです‥

県境近くのこの物件が凄く気になってます
人力軌道とは 究極なんではなかろうかと
http://www.geocities.jp/abolished_rail/tanbou1/Onosekkai/onosekkai.html
投稿者:や
枯山水の様な情景が
一寸特殊なアドレナリンを分泌させます。

こちらあたりは森林鉄道と
廃線かしらというダイヤの線ばかりですが
そこそこ妄想を楽しんでおります。

今年の廃活、楽しみにしております。

こよみです与

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

御縁の数々です与

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

店主与利

      scooterclub theSIMI 新規メンバー募集中 入会金年会費一切無し 申し込み 問い合わせは リンクからシミ掲示板へ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ