割烹ゐぬ乃

廃センスな品揃え“割烹ゐぬ乃”と 新潟在のスクータークラブthe“SIMI”のページ

 
      
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ゐぬ乃
車よりも オーナーに興味が有りマスよネ!
投稿者:キム★チワワ
今週の水曜またまた亀田でロードランナーとすれ違いましたよ!日、祝の午後4時ころお会いできるようです。
投稿者:ゐぬ乃
しかしそのキャラクターとはウラハラに
強烈なエンジンと軽量なボディで他の強面車を性能で圧倒(市販車では)
ダッジ・デイトナ、プリムス・スーパーバードなんていう
「こんなの売っちゃダメだよ!」な車まで市販してしまいます
そのウラハラ加減に一部のCAR-GUYは心を鷲掴みにされ
しかも他のメーカーには無い 変人向けのラインナップ
たとえば強烈なエンジンを積んでいながら
ベンチシートにコラムシフトの車も選べるようにしたり
プラムクレイジーやらライムグリーンやら
食べ物の名前をボデーカラーの名前にしたり
素直でない人たちのツボを刺激する車をフルラインナップ
さらにすごいのは 車種や仕様が多岐にわたりすぎるほど多岐で
トータルで販売台数一桁なんて車もゴロゴロ
そんなことしてるから利益はボロボロ
というわけで時代の仇花の象徴というか
これが当時のスタンダードではないのです
他のビッグ2はあたりまえの販売戦略です
だからこそモパー(クライスラーの部品部門のモーターパーツ社からきたクライスラー車の愛称)
は時代を超えて へそまがりの心を今も掴んでるんでしょう

当時はベトナム戦争真っ只中 世界がアメリカに向ける目も
今とあんまりかわらなかったと思います
bRだからこそできたクライスラー独特の販売戦略に
賛辞を贈りたいんです
ワタクシもこのADは自動車広告界に残る名作だと思いますが
その暗い時代背景を踏まえると 尚良くできたADに見えてきます
投稿者:ゐぬ乃
紅い賛◎録さんのコメントがあまりにも嬉しいので
ながくなりますがモパーについて説明します

アメリカのビッグ3のbRクライスラー社は
今も当時も独自路線で変わり者
いまもダッジバイパーなんぞを作ってますが
あれは一台作って赤字がナンボなクルマ
普通大企業がそんなことしません

1960〜70年の当時はベトナム戦争から帰還した若者の
恩給を当て込んで クルマ達が大馬力競争を始めた時代
です
フォードはムスタングマッハ1をGMはカマロとコルベットにビッグブロックを
ポンティアックはGTO、ビュイックですらGSXなんていう
7400ccの化け物車を市販するほどでした
そんな強面の車が増えるなか クライスラーの2ディビジョン
ダッジとプリムス(格はクライスラー→ダッジ→プリムスの順)
はなんとカートゥーンのキャラクターを車の名前に採用
他のメーカーが強面なイメージで強面な車を売る中
クライスラーはあくまで わが道をゆくわけです
投稿者:紅い参◎六
白状します。
こういうの、知らなかったんですよ。
初め、合成したネタかなって思ったんですよ。

オイラの米国自動車産業に対する認識は全て白紙撤回しなければなりません。
感動です。感服です。感無量です。
これほどまで、車の個性を見事に表現した広告を見たのは生まれて初めてです。

やっぱり、アメリカってスゴイ国だなぁ。

こういう精神を今も忘れずにいたなら、世界の半分から憎まれるようなことにはならなかったろうに・・・。
投稿者:Katori
>v8 7000cc 385馬力
え〜、なんか信じられません。
やっぱ、アメリカって感じがしますね〜。
かわいい顔して、強力とでも言うか、なんというか。
個人的に、アメ車は、凄く不思議な存在です。

>ロケ地
何となくデスバレーっぽいですね(解んないけど)

>ボーイッシュなあなたに・・・
Katoriとは、絶対に思われないですね。(笑)
投稿者:クァミムルゥア
ロケ地はアリゾナでしょうか

>katori くん ボーイッシュなあなたにピッタリ
です。
こんなクルマに乗っていけば「健康の森」の知り合
いもあなただと気付かないでしょう。
投稿者:ゐぬ乃
世の中のさまざまな憂いが
現代の車の顔をしかめさせてるとしたら

“家族の夢をのせて走る車”まで
そんな顔になっちゃまずいと思うんです
かえって人に対する距離を感じるんです

FBMに行くと 
思わず“こっちも”笑顔になっちゃう車が
まだまだたくさんいて 幸せになるんです

katoriくん v8 7000cc 385馬力
なんていう強烈な車なんですよこの鳥ちゃん
なのに こんな顔されちゃったら
笑って乗るしかないですな
素直に憧れちゃいますし
乗ってみたいと思いますこんなクルマに

車は環境を破壊するし 危険と隣り合わせ
それは覆しようのない事実だけど
だからってクルマが深刻に悩むような
顔することないじゃない
開き直って にや〜 と笑って
また人に近寄ってきてもらいたいナァ

ワラッテワラッテ ムーブラテ 大いに結構!
(単なるパフィー好き)


どうしたら人の心をつかめるか
手放したくないと思わせられるか
(モパー鳥ちゃんはマニアが手放しませんの)
そう簡単には成せないこととは思いますが
作り手は悩みすぎちゃって発想を自分で狭め
てるんじゃないですかね
不便でもいいんですよ 高くてもいいんですよ
便利が過ぎれば飽きられちゃうし
安いだけの物にありがたみは生まれません
だけど
作り手の悩みであれ
世の中にはびこる憂いであれ
そのマイナス要素を売り物に匂わせちゃったら
買い手としては マズイよなぁと感じるんです
クルマは特別なモノであってほしい
憧れ 夢であり続けて欲しいと願うものであります
投稿者:Katori
昨日、スピードスプレイヤー(2)を読んで、この広告を見ると、何となく、意味が、解るような気がしますね。
投稿者:ぷ
ぎゃーはははヽ(^▽^)ノ

こよみです与

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

御縁の数々です与

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

店主与利

      scooterclub theSIMI 新規メンバー募集中 入会金年会費一切無し 申し込み 問い合わせは リンクからシミ掲示板へ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ