割烹ゐぬ乃

廃センスな品揃え“割烹ゐぬ乃”と 新潟在のスクータークラブthe“SIMI”のページ

 
      
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ゐぬ乃
音楽は聴いてなんぼ 確かにそうですが
最近はまるで音楽を聴く気にならないんです
なので自分に向けての話なのでした↑

音楽が楽しめなくなっている今の自分には
単に楽しむということばかりではなくて
この話のようにバックグラウンドが必要
なのです 思い入れをもって音楽を聴きたい
気分なんです この作り手は当時どんな想い
でこの歌を作ったのかと思うと 
やはりBLUESが一番顔が見えてくるというか
物語が浮びやすいというか 演歌もそうですが
m.n.bさん言うとおり 売れたい 認められたい
っていう作り手の自己顕示欲が濃〜く出てる歌の
ほうが 力を貰えます 
自分にとっては
特に黒人音楽のほうがその力をたくさんもらえる
というだけの話です
そしてそれが BLUESといわれてるカテゴリーに
多いなぁ 自分としては という話です
以上全て主観の話です まだまだわかってないなぁ
などの御意見大歓迎ですが
この年で音楽に悟りを得られるとも思ってないので
暗中模索 楽しめる音楽を捜していきます

で、捜すのにやっぱり必要なんですよカテゴリー

浅はかなワタクシです
投稿者:m.n.b
作り手側もじつはカテゴライズしっかり意識しているというのが残念ながら真実です。インタビュー記事なんかでよくアーティストが「ジャンルになんて囚われない」っていいますがあれはポーズです。ジャンルというと嫌がられますがスタイルといいかえれば嫌な顔するアーティストはいないでしょう。この分野にいきる人は自己顕示欲の強いヤツばかりですから・・・
投稿者:ジェダイ
音楽を楽しむということに、間違いとかそういうことは一切ないですよね。
それに好きとか嫌いとかグッとくるとかこないとかも自由。
商業的にジャンル分けが必要だというのも、承知してます。
ジャンル分け意味なしの真意は、
たとえば今聞いている曲はどのジャンルか、と、
考えるというか、自分でジャンル分けしてしまうことが
あまり意味ないのではないかということ。
例をあげれば、矢野顕子はJ−POPなのかということかな?
ソウルにもファンクにもジャズにもレゲエにもJ−POPにも
ブルーズ魂はありますよね?
と、いろいろ書きましたが、音楽は聴いてなんぼです。

あ、砂場定期購読のエスクァイヤの今月の特集は
Deep Southです。
もちろんブルーズもありです。
投稿者:ゐぬ乃
ジャンルにこだわるわけではないですが
ジャズだよ といわれてる音楽で
グッと来たことが一度も無いワタクシですので…

でも今の時代 ジャンル分けされてないと
あらたな音楽に触れるのむずかしいですよ
つくってる本人はジャンルを意識して作ってる
わけはないのわかりますが
消費側としては ジャンル分けはありがたい
ジャンルから入って ぐっときた音楽を
掘り下げていくのも間違ってはいないと
おもうんですが どうですか
あくまで消費側の意見です
投稿者:ジェダイ
演歌やブルースにもいろいろあるように、
ジャズにも黒いのやら白いのやらいろいろあるわけで。
あ、別にジャズの肩を持つわけではありませんが。
自分としては自分の心にぐっとくる音楽であれば、それでよし。
だいたいジャンル分け事体意味なしと思ってる素直でない客です。
投稿者:ゐぬ乃
↓素直なお客様です
投稿者:お客サマンサ
聴きた〜い♪

投稿者:秦 富孫
この水色のジャケットを見ると
ストーブを焚いた犬工房が思い出されます。
寒い時季のレストア定番BGMですな。

こよみです与

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

御縁の数々です与

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

店主与利

      scooterclub theSIMI 新規メンバー募集中 入会金年会費一切無し 申し込み 問い合わせは リンクからシミ掲示板へ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ