業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その715 AMK Narodnaya Soljanka(NS) プレイ日記再開その44・クリア編

2013/6/28 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R. Shadow of Chernobyl(SOC)のMOD AMK NS プレイ日記。 エンディング編その2
---------------------------
■Agroprom エンディング続き

とりあえずこれに入って見るか。 と近づくとArharaさんがおりました。 相変わらず輝かしい人だ。 特に人体の最上部が・・・

クリックすると元のサイズで表示します

彼と話した後、Arharaはテレポーターに入って消えて行く。 

そして残されたのはStrelok只一人・・・・・・

これがエンディングなのだろうが、何か今一つ。 それに最後迄バグってくれたなあ・・・ 尚、このテレポーターにStrelokが入っても何事も起きない。

Cordonの移動ポイントに近づくと・・・ 

えっ! Fang!?

クリックすると元のサイズで表示します

Fangとの会話は、例によって三位一体がどうのだの、爆弾がこうのだの、まるでらちがあかない。 

しかしながら、このAMK NS Nardonaya Soljankaの本筋のお話しは、これで一応エンディングのようだ。 

とはいえ、現在請負中で未完了のタスクや、やり残したタスクもかなりあるし、この後はフリープレイということで進めて見よう。 

いや、フリープレイというより、続きがあるのだ。 それもDead Cityへ行ける続きが。 これはどうやら後のバージョンで追加されたものらしい。

---------------------------
ということで、以下このAMK NSの雑感である。

まず、面白かったかという問にならば、躊躇なく答えられる。

面白かった。 しかし期待ほどではなかった。 理由は? 

理由は色々とあるが、最大のものはストーリー性の問題である。 特に序盤中盤あたりはあまりストーリー性が感じられず、終盤のOld villageやジェネレーターあたりから俄然面白くなってきた。

FPSの評価要素としてストーリー性を上げるのは、本来邪道である。 なのにストーリー性の問題を取り上げるのは、単に私個人がストーリー性をことのほか重んじるというだけの理由からだ。

お話の内容としては、序盤中盤はともかく、エンディング間際の病院跡あたりがよく理解できない。 

Pantherの父はブラックドクターというメッセージがあったのに、唐突に別の人間が父として登場する。

その父とブラックドクターとの関係も今一理解できないし、ブラックドクターにしても、何故ホログラムで登場する必要があるのか?  病身で移動できないというわけでもないし、直接本人が出向けばそれで済むことである。

その他諸々不可思議な点が多く、なんとも消化不良的な印象が残る。


MODの規模としては最大級、いや級なんてものじゃなく、間違いなく史上最大。 SP2やRoSも巨大MODだが、それを遙かに上回るマップとタスクを山盛りてんこ盛り。 

総プレイ時間300時間というのは惹句ではなかった。 私の場合もここまでで延べ300時間に近い。 この後のフリープレイを入れれば、300時間は軽く超えそうだ。 

但しバグも史上最大。

元々S.T.A.L.K.E.R.自体が史上最狂最強クラスのバグゲームなのに、そこに屋上屋を重ねて無理矢理内容を盛り込んだのだから、バグが出ない方がおかしい。 それにしても、バグは多すぎると思う。

後残念なことは、Dead CityやCOPのマップが行けなかったことだ。 恐らくこの後のフリープレイで行けるのではないかと思うが、ZatonやJupiterはアーティファクト以外はなにもない無人の街らしい。

アドオンを入れると色々なタスクが出て来るようだが、生憎現時点ではロシア語プレイになるそうである。 (Raizaさん情報)

ロシア語ではどうしようもないので、このアドオンは今はパスとした。

---------------------------
■AMK NS フリープレイ編 (Lightning Dead City編)

さて、これからどこへ行こう? それに本篇でヘリで飛んで行ってしまった連中は、今から行くと未だいるのだろうか? このあたり疑問が湧いてきた。

それになにより、これでおしまいというのは、あまりにも残念だ。 もっともっとこの世界に留まりたいのだ。

まず手近な移動ポイントからCordonへ行ってみると、Sidorovichはちゃんといた。 サブタスクも前より増えて相当な量になっている。

次にStrelokのテレポートを使ってArmy Warehouseに飛ぶと、YakutやKostyaもいた。 しかし新しい進展は何もなかった。 Lukashもいたがこちらも何も無し。 サブタスクは豊富である。

ところでDead Cityにはどうやったら行けるのだろうか?

ありました!

Lightning quests and searches in the Dead City (Limansk)

これは前記のエンディング直後に開始される。 よってCordonやArmy Warehouse行きは不可なのでロードし直し。 もっともNPCがいるのを確認出来たので、まあいいか・・・

■Agroprom エンディングの後
ガイドによるとテレポートに入れとのことなので、先程Arharaが消えていったテレポートとその横のテレポートに入って見たが、何事も起こらない。

よくよく見たら、Fangの横に例の泡のテレポートがあった。 

クリックすると元のサイズで表示します

これに入ると、大分前にStrelokの隠れ家に入ろうとすると、テレポートされた塔の上に飛ばされた。 回りには別の泡がある筈だ。 北東の下を見ると確かにある。

それに飛び込むとAgroprom北東にある、線路脇の監視塔に出た。 これでSMSのメッセージが出たらBarに行くらしい。 ここで待つこと暫し、LightningからのSMSが入った。 前回はこれが出なかったので再ロードしたら出た。 これでBar行きの準備は整った。 

それになによりも、「Lightning」といえば、あのライラさんのことではないか? ならばなんとしてもDead Cityに駆けつけねば。 (私はライラさんファンなのDOS)

■Garbage
ここで又々悪魔のような知惠が湧いて出た。 悪知恵という奴である。 我ながら極悪非道、末は小菅か網走か、という知惠である。 このような非道を行っていれば、Strelokは畳の上では死ねないだろう。 ウクライナに畳があるかどうかはしらないが・・・

つまり、検問所のDutyを、MAXを除いて皆殺しという、邪悪きわまりない陰謀なのだ。 適当な場所に陣取ってガウスガンで狙う。 しかしMAXは極めて死にやすく、戦闘(主として手榴弾)に巻き込まれて死んでしまう。 中々難しいのだ。

ようやくMAXと準尉以外のDutyを皆殺しにし、MAXと話すが落ちる。

[error]Arguments : Can't open section 'dogfriend'

というエラーで、gameplayの該当部分を書き換えてみたが、やはり落ちる。 これは悪行への天罰というものだろう。 このタスクドクターのサブタスクだが、本筋には影響ないそうなので、諦めて放置することにした。


AMK Narodnaya Soljanka(NS) プレイ日記再開その45へ続く
1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ